才能をスキルにし続けることでライフスタイルを変える

考える
Pocket

才能は誰にでもあります。
そして才能とスキルは違います。
才能を磨き上げることでスキルとなります。
そのスキルを使い続けることで、どんどんとレベルアップしていきます。これをし続けることでライフスタイルを変えることが可能です。
ライフスタイルを変えたい人はチャレンジしてみませんか?

 

ライフスタイルを変えるには才能を見つけ直す

ライフスタイルを変えたい方に良い話かもしれません。

実は、才能は、生まれ持って誰でもあるものです。

才能とは、物事を巧みになしとげる生まれ持った能力ですが、もともと持っている素質や能力のこととも言えます。

簡単に言うと、生まれ持った方向性と捉えても良いでしょう。

子供の頃に、少しだけ得意だなぁと思うことがあったと思います。

凄く得意とかでなくても良いんです。

少しだけで良いんです。

或いは、これが好きだなぁと思えることでも良いです。

絵を描くのが好きとかうまいとか、足が速いとか、数字に強いとか、音楽が好きで得意とか、何でも良いです。

そういうものって、だれにでも本来あったはずです。

 

誰にでもある才能をスキルにする

これは、脳科学の話でもあります。

生まれた時の頭蓋骨の形とか、脳のどの部分が他と比べて大きいとか、育った環境とかによって、ある程度の方向性がでるものです。

ところが、少しづつ大人になるにつれて才能がないなぁ・・・とか、自分はダメな人間だなぁ・・・とか思うようになっていきます。

そして、本来持っている才能が埋もれていってしまう人が多いです。

それも、ちょっとしたことを言われただけでです。

何故そうなるのか?

それは、才能自体は、利益を生まないからです。

つまりお金にならない。

でも、スキルはお金になります。

なので、才能をスキルにすることを考えましょう。

 

才能をスキルに鍛えあげ続ける

では、スキルは才能と何が違うのか?

スキルは、才能を鍛えて磨いていつでもどこでも、なんどでも、使えるようにまでなったものだからです。

それは、生まれ持ってあったもではありません。

方向性はあっても、経験し、努力しないと持つことはできません。

例えば、人前で流暢にしゃべれる人も意外と最初はぜんぜんダメで、しゃべれなかった人もいます。

言語能力があるけど人前であがるとかです。

何度も経験し、磨き上げることによって人前でも流暢に話せるようになるのです。

 

続けることでスキルになる

このように、毎日繰り返してスキルとなったわけです。

もともと才能があったのだと良く言う人がいますが、すごい才能があったわけでなく、努力して、スキルにしたと言うことです。

また、その人のスキルに対して、私はそんな才能がないとか言う人もがいますが、すこしの才能を磨き続け努力すればなれます。

かなり鍛えないとスキルにはなりませんが・・・

そして、得たスキルは、無くなることはありません。

お金は使えば無くなりますが、スキルは無くなりませんよね^^

それどころか、スキルは、使えば使うほどさらにレベルアップします。

先ずは自分の才能を見つけだし、その才能を磨きます。

 

レベルアップすればライフスタイルが変わる

そして、スキルに変えて使い続け、どんどんとレベルアップしていく。

それをどんどん繰り返すことが良いです。

そうすれば、新しいラフスタイルへと変えることができる筈です。

 

まとめ

今回は、必ずある自分だけの才能をスキルとなるようレベルアップすればライフスタイルを変えることになる、と言うお話しでした。

自分には才能がない!ということは無く、必ずあります。

なので、まずはその才能を見つけましょう。

磨き上げることでスキルとなりますので、そのスキルをどんとレベルアップしましょう。

それを続けることでライフスタイルを変えることができます。

是非、新しい人生としてライフスタイルを変えたい人は行動してみて下さいね^^

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;