正しい努力で才能がある人を超えて成功する

考える
Pocket

才能がある人を超えるには膨大な努力をすれば良い。
成果を出すのは1万時間の努力が必要と言われている。
ただ努力をするのでなく正しい努力が必要で、成功者に教わると良い。
成功者は正しい努力をした才能ある人だからです。

 

努力で才能がある人になれる

才能がある人を超えるには、膨大な正しい努力や練習をすることで可能か?

才能というものは、その人が、もともと持っている方向性です。

ただし、それを磨かないと開花しません。

中には、天才と呼ばれる最初からものすごい成果を上げる人もいます。

では、そのような天才や才能者を超えることはできないのか?ということです。

そんなことはありませんよね。

もし、超えることができないのならば、世の中のあらゆる分野のトップは全員、天才です。

実際は、気が遠くなるような努力によってトップとなる人がほとんどだと思います。

別にトップでなくても成果を出している人はみんな努力をしていると思います。

では、どれだけの努力をすれば、天才的な才能を発揮できるようになるのでしょうか。

 

1万時間の努力

1万時間の法則というのを聞いたことがありませんか?

マルコム・グラッドウェルが書いた本に、「成功者となるには、1万時間の努力とタイミングが支配している。」というような内容が書かれています。

これは、いろいろな成功者が、その努力を始めてから大成功するまでの時間を調べてみると、面白いことに、みんな1万時間だったというものです。

1万時間経つと突然開花するということではなく、徐々にそうなるということです。

つまり、鍛練すると天才を超えれるということです。

 

どんな努力をすると正しいのか

どのような努力が良いのでしょう。

東京オリンピックが2020年7月24日から8月9日の17日間で開催されます。

楽しみですよね^^

このオリンピックの記録ってどんどん更新されてきています。

例えば、100年前の100m走の金メダルの成績は今の高校生ぐらいの成績と同じぐらいなんです。

面白いですよね^^

たった100年で人間はそんなに進化したのか?

なんでこんなことが起きるのか?

いろんな理由があると思います。

例えば、練習方法が効率的になった。

或いは、地面やシューズやスポーツウェアが良くなった。

などなど・・・

 

なぜ、オリンピックの記録は更新し続ける?

オリンピックの記録が更新され続けるのには、いろいろあると思いますが、専門家が一番大きいものとしてあげたのは、マインドブロックだそうです。

どういうことかと言うと、例えば100mで10秒をだれも切れなかったとします。

実際そうでしたよね。

ところが、一人がその壁を超えた瞬間にどんどんと10秒を切る人が出てくる。

誰かが超えると、自分も出来るんだと思う。

マインドのブロックが解き放たれ次から次へと壁を超えるんですね。

それまでは、脳が潜在意識としてブロックをかけているそうです。

でも、100年前のトップと今の高校生が同じと言うのは、かなりの進化ですよね。

 

正しい努力が成功する

でも、そのあとも調査すると、一番の理由は、やはり練習方法だったそうです。

つまり正しい練習方法が一番効率が良いということです。

ジョフ・コルヴァンの「究極の鍛練」ー天才はこうして作られるという本にも書いてあります。

書いてある内容は、捉えようによっては、気持ちが萎えるかもしれませんが、要は、究極と言える鍛練を継続すれば成功するが、しなければ、絶対に成功しない。

という内容です。

単純に努力しろと言うものですが、正しい努力をしないとダメということです。

正しい努力をするには、成功者に教わるのが一番です。

根拠に基づく正しい努力が必要で、思いつきのような自己流ではダメなんです。

パッションだけでもダメなんです。

そうでないと、同じ失敗を繰り返すだけの熱意だけ高い人(会社)になっちゃいます(笑)

 

まとめ

今回は、才能がある人を超えるには正しい努力をすれば成功するというお話しでした。

ただ単に努力をするのでなく、正しい努力で成功した才能がある人に教わると良いです。

師匠を超えるって感じですね^^

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;