ずっと家族と音楽を楽しむために、これからの人生設計を考える

Pocket

あと数年で定年となるサラリーマンが、ずっと家族と音楽を楽しむために、チャンスと思えるものは行動に移しています。

そして、失敗も成功も経験して、これからの人生をどのように設計していくかを考える。

そんなプロセスが参考になればと思って、記事を書いてみました。

 

なぜ、これからの人生設計を考えるのか?

ワークライフバランス
studiographicさんによる写真ACからの写真

企業によっては、数年で定年を迎えようとしている人は、お役御免的な扱いとなるところもあると思います。

非常にもったいない人財の使い方だと思います。

もしかしたら、あなたがそうですか?

そう感じる人は、転職を考えたり、副業、あるいは退職を考えると思います。

でも、大概は、我慢して定年を迎えようとします。

そんな、悩みを持つあなたに、少しお話をします。

ずっと昔の話なんですが、テレビ番組で、ある有名人が言っていました。

「身の回りにはチャンスがたくさんある。」

「しかし、ほとんどの人はそのチャンスの掴み方を知らない。」

と・・・

私はそれを聞いたとき、身の回りの環境が違いすぎるでしょう。

と思いました。

それが最近、そんなことは関係ないよなぁ・・と、思い始めています。

つまり、自分もチャンスの掴み方を知らなかっただけで、もっと言えば、自分が身の回りのチャンスを見る力すらなかっただけなのかなぁ・・・と。

だってですよ、今の世の中、インターネットが普及し、

それこそ誰もが目の当たりにチャンスを見ることができるようになっているのです。

ただ残念なことに、社会のマナーに反する不届きものもいっぱいいて、チャンスと見せかけたものが世の中にはたくさんありますがね。

だから、そんなのに騙されないぞ!と思っていましたが、そんなこと言ってても仕方ないなと。

それらを見極めようとしなかったら、いつまでたっても同じだなぁ・・・と。

 

人生を変えれるのは自分次第、いつでもできること

やっぱり、チャンスとしてつかむかどうかは、行動を起こさないと始まらないし、自分次第だと思うようになりました。

というのは、サラリーマンをやっていると、組織の理不尽な待遇をいっぱい経験します。

でも、それを、あいつが悪いんだと思っては、良い環境を作ることもできないし、自分の能力を引き出すことも、更にアップさせることもできないです。

所詮、みんな人なんで、自分の好きなようになるように企みます。

それも、正論を盾に・・・

いかに正論を言うか。

自分が勝者となるために、武器となる正論のことばかり考え、それを主張します。

そして、いざとなったら逃げれるように、弱者に責任を負わせる企みを・・・(最低ですね^^;)

うまくいかなければ、あの人たちが悪いからと批判ばかりして、「自分は正しいことをしている」、「自分は悪くない」・・・。

なぁ~んて、言ってても始まらないですし、そんな人たちとお付き合いしてても無駄ですよね。

そんな環境とおさらばし、

自分の環境は、自分で作る!

それが出来るのは、定年を迎えようとしている、今がチャンスだと思います。

世の中も、どんどん変わりつつあります。

働き方改革も、政府の苦肉の策のように思われる方もいるかもしれまえせんが、この変革時がチャンスなんじゃないか・・と。

 

ずっと音楽を楽しむために、いつ、どのように行動するか?

行動
yumeyumeさんによる写真ACからの写真

以前に、京都大学のある教授が、

「あらゆる変化・変革がおきると、必ずそこにはビジネスチャンスがある」

とおっしゃっておられました。

その言葉通り、定年を迎える今がチャンスと思いませんか?

そして副業解禁!

このチャンスを生かさない手はない!

そして、あと数年、働きながら定年後の安定収入を確保しよう!

と考える人も多いと思いますし、私もそう思いました。

 

多くの人は、理想や思いがあっても行動しない

会社で、何人かの定年を迎えた諸先輩方に、「これから何をされるのですか?」

と聞くと、

「ゆっくり休んでから考えます。」

と、おっしゃられる方が多いと感じます。

でも私は、休んでから考えてたら遅いんじゃない?と考えます。

まぁ、何をしたいのかイメージされていないのかな?と・・・

本当は、既にすごいことを計画していて、言わないだけかもしれませんけどね。

でも、後になって、すごい活躍をされているよぉ~なんて話を聞いたことがないと思います。

仕事においても、物事がうまく行く行かないは、前準備がどれだけできているか!

これにつきると思っています。

それによって、結果は大きく違ってきますからね。

だから、定年を迎える数年前から行動を起こすべきタイミングと思います。

その一つの選択肢として、だれでもでき、好きな時間に好きなだけ働き、将来の安定収入を確保するインターネットビジネスがあります。

やるからには、成功しないと意味がない。

 

自分の理想をあげて考えてみる

自分が成功と思える条件がどんなものかを考えてみました。

・労働力がものをいうビジネスは避ける。

・高リスクのものは、避けるのでなく、うまく利用して、低リスクの範囲でチャレンジする。

・たとえ少額の利益しかなくても、ほっておけば増えるものはチャレンジする。

・くじけそうになっても大丈夫な環境を構築する。

・成功を妨げる環境は、捨てる。ただし、目的に必要な環境まで捨てるのは本末転倒です。

・家族に意思を示す。

・成功者を見本とする。あるいは教えてもらう。

・聞く耳を持たないではダメ。情報はなんでも聞く。

・聞いた情報は十分に調査し、見極める。

・自分への投資は必要と考える。

・投資する範囲を設定する(熱くならない)。

・成功へのマイルストーンを設定する。

・チャレンジして、ダメと思えば引き返す勇気を持つ。

・PDCAを回す。

・絶えず、期待値を考える。

・絶えず、達成イメージを持つ。

などなど・・・

ガッツポーズ
acworksさんによる写真ACからの写真

でも、一番大事なのは、

「絶対に成功するイメージを持ち続ける」

自分で自分を洗脳することかな。

私の場合は、最終目的がずっと音楽を楽しむことです。

そしてイメージしているのは、権利収入型のビジネスを本業とし、そのための資金稼ぎも含めて、低リスクの範囲でいろいろチャレンジ!

ただ単に、お金儲けだと、なんでも良いのかもしれませんが、どんな生活スタイルを目指すかを自分なりに考えてみた結果です。

さらに最初の段階として、マインドを整える。

これから始めてみようと考えました。

成功までの期限は、3年!

3ヶ月で、先ずは少額でもいいので、成果を出す。

投資は別(^-^;

資産分散の前準備とする。

そのストーリーの記録としても投稿しています。

はてさて、天国か地獄か(笑)

 

まとめ

ずっと家族と音楽を楽しむための人生設計を考えようと始めて、まだまだの段階です。

大事なのは、くじけないこと^^

そうすれば、必ず新しい人生設計が見えてくるはず!

実際、やれば成果が出てきているので、楽しむことができています。

音楽に限らず家族が自由楽しめるまで、ずっと続ける!

それだけです^^

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;