自己実現の欲求!マズローの法則の5段階へ!

考える
Pocket

アアブハム・マズローの欲求の5段階説、または法則を知っていますか?
第5段階目の自己実現の欲求は成長欲求とも言われますが、これを満たすことが夢を叶えるなどの目標を達成したことになります。
では、マズローの自己実現の欲求を満たすには何をすべきなのか?
そういうことを考える癖をつけることが良いのです。

 

マズローの法則の5段階とは?

マズローの欲求の5段階説って聞いたことがありますか?

欲求のピラミッドとも言われています。

マズローとは、アブハム・マズローのことで、アメリカの心理学者です。

人間には基本的に欲求が5つしかないとし、一番下の欲求から段階的に表したものです。

そして、必ず下の段階から上がって行く。

つまり、階段を上っていくというイメージです。

 

マズローのそれぞれの段階とは?

マズローの法則

それぞれの段階を簡単に言うと、1段階目は、生理的欲求です。

食べ物がほしい、生命を維持したい、というものです。

これが満たされると、2段階目の安全の欲求となります。

安全な環境に住みたい、身の安全を確保したい、というものです。

それも満たされると、3段階目として、親和(愛と所属)の欲求です。

人と関わりたい、結婚したい、団体や集団に所属したい、という欲求となります。

更にそれも満たされると、4段階目として、承認の欲求となります。

他人から認められたい、自分自身を認めたい、という風になります。

そして最後に、頂点と言われる5段階目の欲求とし、自己実現の欲求となります。

夢を叶えたい、というものです。

マズローは、この5つしかないとしていましたが

実は晩年、もう一つ上の段階として、自己超越がある、としています。

詳しいことは、ここでは省きます。

 

自己実現の欲求を満たすには

この段階の下から4段階目までは、欠乏欲求と言われています。

簡単に言うと、何か足りないものを埋めようとする欲求です。

マイナスをゼロにする欲求です。

頂点の5段階目は、成長欲求と言われています。

これは、マイナスをゼロにするのでなく、ゼロからプラスにするという欲求になります。

 

自己実現の欲求までの段階をイメージしてみる

発展途上国とかで考えると分かりやすいかもしれません。

難民と言われる人は、1段階目の生理的欲求すら満たされていないと言えます。

食べ物すらない状態です。

そういう人たちは、第5段階の自己実現したいと考えることすらないと思います。

生きることに精いっぱいで、成長欲求などを言わないと思います。

先ずは生きることの欲求で、生命が確保されればそれを守る安全の欲求へと、基本的には第1段階から順番に欲求が上がって行きます。

治安が悪い国だと、第2段階の安全の欲求をする人が大多数だと思います。

 

マズローのすべての段階を満たすには?

ステップアップ
きなこもちさんによる写真ACからの写真

では、一切のお金を使わず1段階目から5段階目まで満たすにはどうしたら良いか?

つまり、あなた自身が何もない状態から、当然、お金もない状態から例えば1ヶ月ですべて満たす方法を考えてみて下さい。

こういったことを必死に考えるクセをつけると、目標を達成できるようになり、困ることはなくなります。

答えは、後日に記載したいと思います。

 

まとめ

今回は、自己実現の欲求を満たすことが、目標を達成したことになるお話しでした。

それは、アブハム・マズローの欲求の5段階説(法則)に基づきます。

第5段階目が自己実現の欲求段階であり、成長欲求とも言われています。

そして、そうなるには何をすべきかを考える癖をつけることが良いのですが、参考になりましたでしょうか^^

また今度、マズローの法則のゼロから目標を達成することについてお話ししたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;