成功する重要なポイントとコツ!必要なコンテンツと行動もまとめて紹介

成功への階段
Pocket

成功するには重要なポイントとコツがあるのを知っていますか?

ただ単に行動しても、間違った行動だと効率が悪いですよね。

なんでも基礎が大事で、予め知るべき必要なコンテンツをまとめて理解しておくと役立ちます。

今回ご紹介するのは、ほとんどの成功者が知っている必要なコンテンツと、実際に利用している重要なポイントとコツなどです。

それら全部を紹介用にまとめてみましたので、是非とも参考資料としてください^^

かなり要約していますが・・・

 

成功する重要なポイントとは?

成功すのに重要なポイントと言えば、先ずは成功することを決意・決断することです。

そして、学んでみようと思ったあなた自身をほめる。

「実力がない」「知識が少ない」「経験が乏しい」「スキルが足りない」ということは、成功を妨げることにはならない。

やる気があれば、後でついてくるので、安心すべし。

成功することを決断したことが大切で、パワーがある。

逆に、実力や知識があっても、成功する決断をしていない人は成功できない。

成功しない道を断ち切ることで、より成功へのエネルギーが集中する。

エネルギーが集中すれば、成功へのスピードがアップする。

つまり、加速度的に成功する。

そうすれば、扉は開かれる。

成功に向かって一歩一歩、確実に進むのみ。

 

成功ポイントはネットワークの存在意義を意識する姿勢

ビジネスで関係する人たち、お客様、ASPさんや広告主さん、読者さんに気を配ることが大切。

仲間同士、相手の考え方を尊重し合い、決して足の引っ張り合いや、誹謗中傷をしない。

基本的な知識や技術は自己責任で努力し、他人に頼ることをしない。

しっかりと自分の成果を出し、成功することが大事。

 

成功ポイントはビジネスモデルとお互いの利益を常に意識すること

インターネット収入の基礎を身につけるためのWIN-WINのビジネスモデルが良い。

運営とビジネスパートナーとなる人が誕生することも目的のひとつとする。

もちろん、スキルを身につけ、自身だけのビジネスを展開しても良い。

何かしらの相乗効果・シナジー効果が生まれることも意識する。

 

成功ポイントは仲間同士のネットワークがもたらす利益

仲間

仲間同士のネットワーク

仲間の交流は、モチベーション維持と向上に役立つ。

ノウハウや情報は必ず古くなるので、常に新しい情報交換が、変化への対応が可能となる。

一人では情報のアップデートに限界がある。

ネットワークによる情報のアップデートができることは大きなメリットとなる。

アイデアを交換したり、それぞれの得意分野を組み合わせることによって大きな効果を生み出せる。

一個人の乱れは、ネットワークの崩壊につながるので、十分に理解しておく必要がある。

 

成功するコツとは?

目標を実現するための活用リソース

目標を実現させるために、代表的な3つのリソースに絞れる。

「頭を使う」「時間を使う」「お金を使う」

一つでも良いし、全部でも良い。

 

1.頭を使う

アイデアやノウハウ、ビジネスモデルや人に動いてもらうことを考える。

経験を積むことで頭を使うことができるようになる。

2.時間を使う

実際にやってみる。経験や資金がなければ時間を使うしかない。

その経験が、頭やお金を使えるようになる。

3.お金を使う

最初からお金を使える人はノウハウ、ツール、プログラムを作成、人を雇う、広告を出せば良い。

多くの人は、時間を使って収入を獲得してからお金を使うと良い。

 

頭だけを使って成功するには

天才でもない限り、いきなり成功は無理です。

しかし、経験と学習を積めば、誰にでも頭だけを使ってビジネスができるようになる。

それは、信頼関係のスキルとアイデアがあればできる。

頭を使えるようになるには以下の2点が必須と言える。

・参入する分野で、経験を積んで、コツ、基礎、知識を付けること

・ビジネスと心理学術やコミュニケーション、成功哲学、自己啓発を学ぶこと

 

お金だけを使ってビジネスを成功するには

ビジネスセンスや人脈、徹底した費用対効果の感覚が必要となる。

例えば、

・広告を出してアクセスをお金で買う

・費用対効果に注意して、お金でお金を生む

・ノウハウを買う

・人を雇う

など、いろいろある。

お金が潤沢であれば良いが、「小さくはじめる」「低いリスクではじめる」というのが定石です。

 

時間だけを使ってビジネスを成功するには

正しい方法に行きつくまで繰り返せば良い。

そうすれば、目標は達成できる。

 

必要なコンテンツとは?

「人間心理」

エグゼクティブなビジネスパーソン、政界、スポーツ界で、成果を上げている人などが習っているメンタルサイコロジカルテクニックというもの。

欧米では有名であり、カウンセラー、セラピスト、ビジネスでは経営者やマネージャー、セールスパーソン、弁護士、医者、コンサルタント、 教育系の人も幅広く、トレーニングを受けている。

 

「自己啓発」

大事なのは、自己啓発できる強い意思があること。
成功者は、エグゼクティブコーチングなどを利用し、モチベーションを維持させている。


「成功哲学」

たくさんの成功哲学プログラムがある。

安価なものもあるが、良い物にめぐり合い、成果がではじまるまで十数万円程度を使う人が多い。

 

「ノウハウ」

モチベーション・コントロール、マインドセットが充分であれば、目標達成に向けて、どの成果がでるノウハウでも良い。

成功の確率を高くするには、「人間心理」「自己啓発」「成功哲学」「ノウハウ」全てが揃っていることが必要です。

そして、「信頼関係の構築状態」「Win-Win」「人脈」。

この3つのソースがあれば大丈夫!

資金が増えれば、それを有効活用すれば、さらに良い。

ビジネス上の取引での信念は、Win-Win or No Deal である。

両者が勝者(Win-Win)でないと取引は一切しない(No Deal)こと。

一番大事なのは、「信頼関係が構築状態」、これを「ラポール」と言う。

ラポールとはフランス語で「橋をかける」という意味で、相手と自分との間に橋が架かっている状態のこと。

すなわち、心が通じ合って、お互いが信頼し合えている状態。

つまり、コミュニケーションの重要なスキルである。

 

成功への目標設定が重要!

目標を設定して、日々を重ねれば、達成できる。

目標が達成しないのは、目標設定、やり方が間違っているか、行動量が足りない。

正しい目標設定とやり方は、情報が増やすことが必要です。

情報は、学習や経験で増える。

定期的な目標設定の見直しも必要です。

目標設定が、成功するために重要な一つである。

目標設定をするためのリソース(資源・材料・情報)も必要です。

最終目標に至るまでの道のりを鮮明に思い描くこと。

小目標⇒中目標⇒大目標

常に制度を高くするために見直し、修正をかける。

 

成果がでない人が陥るポイント

間違った方法を選択して実践している

基礎が身についていない状態で、自己流、楽する、独自の方法を絡めてしまう。

守破離を意識できていない。

守:支援のもとに作業を遂行

破:作業を分析し改善・改良

離:新たな知識(技術)を開発

 

実際の行動が少ない

ノウハウを読むことでやった気になり、実際の作業量が少ない。

予習復習から実作業の強化、モチベーションの維持、マインドセットの強化が出来ていない。

 

行動の結果を実感できないため、手が進まない

成果の実感がないことが、挫折の要因となる。

モチベーションの維持、マインドセットの強化が不足。

定期的な目標設定の修正と目標の再認識をしていない。

 

成功するための最低限の目標達成をするためには?

自分で収益シミュレーションをし、計画をたてる。

コツを掴むため数稽古をする。

楽、効率化、自動化、外注、任せる、簡単に、大きく・・・という考えは一旦捨てる。

ものには順序がある。先ずは基礎や基本をコツコツと積み重ねる。

飛び級で、イメージだけ膨らむと、現実とのギャップで諦めてしまうので、先ずは中級者を目指す。

中級者になったら上級者を目指す。

先ずは、質より量、選択眼が育まれてから質にこだわる。

へこむことを言われても成功するためのリソースとして利用する。

 

①カウンセリング

聴く・・・ひたすら聴く⇒信頼

 

②ティーチング

知識の伝授

方法を教える。やって見せる。

 

③トレーニング

やり方を教えた後は、実際にやってもらう。

 

④マネージメント

監督/管理

一人で自発的に継続してできているか見る。

励ましたり、ほめたりする。

 

⑤コーチング

すべてのリソースはクライアントにある。

たまに報告を受け、相手の話を聴く。

相手に答えがあることを信じて、委任する。

気が合う状態になることを考える。

感情レベルと合わせる。(ペーシング)

テンションを合わせる。

テンションを合わせてラポールが構築された後、リーディングを試みる。

(相手のテンションの変容を試す)

 

アウトプットによる成功に必要な力を引き寄せる効果

継続することで、成功に必要な信頼がたまっていることをイメージする。

本気であることを信用されると、応援されるようになる。

信頼を得るには目標達成までの道のりを詳細に語れるようにする。

スモールワールド現象で、応援をしてもらえるレベルになれば、成功に必要なリソースに巡り合える。

 

成功に向かってポジティブに一歩一歩進む

愚痴などのネガティブなことにエネルギーを使わない。

ネガティブな感情は、見方を変えて、ポジティブな感情に切り替える。

ポジティブになれば、やる気が出る。

やる気がでれば、行動できる。

行動ができれば、経験を積める。

経験を積めば、知識・スキルが身につく。

そうすれば、ネガティブになった原因が取り除けた状態へ繋がる。

 

成功する道への修正にPDCAサイクル

PDCA

PDCA

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。

Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う。

Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかを確認する。

Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置する。

これを繰り返し、一週ごとに向上させる(スパイラルアップ)

しらない人はいないかも・・・

 

まとめ

世の中には、同様の情報がたくさん出ています。

全部を学べば良いでしょうが、たいへんですよね^^

今回ご紹介したものは、そんな情報を、重要なポイントとコツ、そして知っておくと良いコンテンツに絞り、必要と思われるものをまとめてあります。

これに基づき行動すれば、成功の道が開けるはず^^

何故なら、ほとんどの成功者は、表現はことなるかもしれませんが、ご紹介した内容と同じこと、つまり必要なコンテンツの重要なポイントとコツを利用し行動し続けたことで達成しています。

信じるか信じないかは・・・(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;