投稿ページ
ビール

日記

アルコール飲料の健康影響の認識差による国ごとの規制

更新日:

Pocket

少量のアルコール飲料でも健康影響があると訂正されましたが、日本では大きな影響がない様に感じます。

でも海外ではアルコールに対する認識は厳しいものがあり、それに従っていろいろな規制があります。

アルコール飲料の業界はどのような対策をしているのでしょう。

日本企業が進出しているアジアの国々のアルコール規制

同じアジアでも国によって、文化など日本と異なることがたくさんあります。

その中の一つとして、アルコール規制の事情についてもいろいろあります。

違うのは当然だと思いますが、基本的に日本と異なり、アルコールについては厳しい規制があります。

それは、宗教上の面もありますが、社会通念上としてもアルコールに対する見方は厳しいものがあります。

ビール

例えばタイです。

アルコールは人体に有害となり得るという考えが定着していて、広告などは一切禁止となっています。

ましてや魅力的に見せる写真などはNG。

アルコールを販売できるのは、11時から14時と17時から24時の時間帯だけとなっています。

それ以外の販売は禁止です。

それは、飲料だけではありません。アルコールが含まれる食品も対象となっています。

また政府が禁酒とする日も指定されています。

宗教行事や国として喪に服す期間、そして選挙日などがそれにあたります。

あるいはシンガポールです。

過去に、飲酒による暴動が発生したことがあります。

それをきっかけに政府は、アルコールは安定社会を脅かすものとして、22時半から翌朝の7時まで、公の場においての飲酒や量販市場での販売を禁止するなど、規制を強化しています。

特に暴動が起きた地域では、処罰を5割増しとし、週末と祝日は一切の飲酒を禁止とするなど、厳しく取り締まりをしています。

また、マレーシアでは、イスラム教徒が多いこともあり、ハラーム(摂取してはいけないもの)にアルコールが含まれるので、自主規制することが求められている地域もあります。

女性がアルコールを飲むこともタブーとされていています。

進出している日本企業のこれから

とは言うものの、これらのアジア諸国でのアルコール市場は非常に大きいようです。

経済発展や女性の地位向上が進み、アルコール消費者が増加傾向にあるようです。

ルールを守って、適正な飲酒が基本だということです。

基本的に、アルコール飲料を飲んで、楽しみたいのはどこの国でも同じようですね。

昨年までは、少量のアルコールは体に良いというのが一般的でした。

ところが、それは間違いであり、少量でもガンになるリスクは上がるという論文がでました。

まぁ、それ以前からも言われていたようですが・・・

そもそも、少量なら体にいいという根拠自体が無いようです。

日本企業の中には、アルコール飲料だけでない方向性に変えてきた企業もあります。

そういった状況なので、アルコール飲料を取り扱っている業界は、厳しい状況となりつつあるようです。

そこで、アルコールで無く、原料等に含まれる物質等に注目して、体に良いものはないかと研究をしている企業もあります。

例えば、ビールの原料であるホップです。

ホップは、和名で西洋唐花草(セイヨウカラハナソウ)と言います。

その雄花がビールの主要原料として使われていて、ビールの苦みの元となっています。

そして、香りを決める要因として、新鮮なホップが命とされています。

実はこのホップには昔からいろいろな健康機能があると言われていました。

そこに目を付けて、加工したホップから体脂肪を低減させる機能がある成分を探し当てたというのもあります。

それを配合したものが新商品として出るようですね。

ビールを飲むと太るイメージがありますが、どっちの効果が強いのでしょうね。

まぁ、太りにくいビールといったところでしょうかね。

それよりも、おいしければ良いのですが・・・

 



-日記
-, , , , , ,

Copyright© おとずき , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.