ロマンスドール映画主題歌歌手のネバヤンとは?高橋一生の弟?

ロマンスドール主題歌

ロマンスドール映画の主題歌と歌手がネバヤンに決定したことが発表されています。

ネバヤン(never young beach)とはどんなバンドなのかご存じですか?

ファンは周知だと思いますが、なんと歌手は高橋一生の弟なんですね?

ロマンスドール映画の原作者でもあるタナダユキ監督は、もともと知っていたらしく、高橋一生と弟のどっちが先に頭に浮かんだのでしょうね。

気になるところでもありますね^^

その辺りも含め、どんなイメージの主題歌なのか、ユーチューブで聴いてみましょう。

それでは、最後までお付き合いを!

 

ロマンスドール映画主題歌歌手のネバヤンとは?

ロマンスドール映画は、原作者でもあるタナダユキ監督の作品です。

そのタナダユキ監督がネバヤン(never young beavh)にオファーした主題歌となっています。

どうも3年前から何かの映画で主題歌をお願いしたいとずっと思っていたようです。

そして、ネバヤンがそれに十分に答えたようで、監督は大満足のようです。

映画の思いと主題歌のイメージがぴったりと合ったようですね。

 

ロマンスドール主題歌を歌うネバヤンのこれまでの活躍は?


タナダユキ監督の期待に十分に応えて主題歌を提供したネバヤンとは、これまでにどんな活躍をしてきたのか調べてご紹介します。

結成したのは、2014年の春。

メンバーは、vocal, guitarが安部勇磨、guitarが阿南智史、bassが巽 啓伍、drumsが鈴木健人の4人グループです。

1stアルバムとして2015年に「YASHINOKI HOUSE」を作成してから毎年アルバムを出し、中国や台湾、韓国にタイでもライブ活動をしています。

 

ロマンスドール主題歌の曲名と歌詞?曲を聴いた監督の感想は?


公式のYouTubeが投稿されているプロモーションビデオを早速聴いてみましょう。

フルではないので、途中までですが、歌詞が載っています。

‘やさしいままで’
Written by Yuma Abe

あなたのね やわらかいとこを
僕は知ってるよ
暖かい 陽だまりの中
思い出してる

ふとわかったよ そのやさしさ
今さらだけどね

急な雨に降られて しまうこともあったな、けど
肩を寄せ合えたら それはそれでいいもんで
なんでか 幸せだったな

触れることのできるこの時間も
いつかは終わる
嫌だったとこも 好きだったとこも
全部よかったな

今日はなんでかな そんなことを
考えてしまった

言葉にしたのなら 簡単で困るな
大袈裟だよなんて 笑われてしまうだろうな
目を閉じたらいつも そこにはあなたが
やさしいままでいるんだ

この歌詞や曲について、タナダユキ監督は、以下のコメントをしています。

歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をも優しく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました。

ちょっとだけネタバレになりますが、最後、園子の秘密により腹上死します。

哲雄は、失ってから気づく訳です。

その哲雄の何もできなかった悔いを”やさしいままで”包んでくれる詩という風に感じられたのでしょうか?

歌詞にもあるように、”言葉にしたのなら 簡単で困るな”という感じですが・・・

 

ロマンスドール映画主題歌歌手は高橋一生の弟?

ところで、ネバヤンのボーカルの安部勇磨さんって、高橋一生さんの弟なんですよね。

ファンの方は知っていることでしょうが、このロマンスドールがきっかけで知る人もおられるのではないでしょうか?

以前に高橋一生さんをご紹介するテレビ番組で、高橋一生さんが家族のことをしゃべっておられたのを思い出しますが、高橋一生さんが長男で、安部勇磨さんが三男なんですね。

そして、高橋一生さんが小さい時に父親が他界。

次男と三男である安部勇磨さんとは、異父兄弟なんですね。

なので、顔が似ていないです^^;

余談ですが、さらに離婚されて4男と5男の兄弟がいるそうです。

と考えると、それも一つのラブストーリーになるくらいと思ってしまいます。

このロマンスドールは、10年間という一つのラブストーリーですが、愛について考えさせられるラブストーリーでもあります。

映画を観て、この主題歌を聴いて、いろいろ考えてみる機会とするのも良いかもしれませんね。

 

ロマンスドール監督は高橋一生と主題歌歌手の安部勇磨のどちらを先にイメージした?


今までの話から、ロマンスドール映画のタナダユキ監督は、この映画を制作するにあたって、3年も前からネバヤンに何かの映画で主題歌をお願いしたいずっと思っていたわけですから、高橋一生さんとどちらを先に採用しようとイメージしたのでしょうね。

ちょっと気になります。

高橋一生さんを主演と決めたから、この機会にネバヤンを!と思ったのか?

ネバヤンにこの映画の主題歌を作ってもらいたいと思ったから、高橋一生さんを組み合わせたのか?

それとも、全く関係なく、イメージにあったお二人を選んただけなのか?

調べてみても、それらしいコメントは見当たりませんでした。

おそらく、聞いたら、たまたま兄弟であったという回答だと思いますがね。

でも、兄弟であることはご存じだったと思うので、ロマンスドールで狙ったのかもしれませんね(笑)

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回は、ロマンスドール映画の主題歌と歌手がネバヤンに決定したことが発表されましたので、ネバヤンとはどんなバンドなのか?

そして、その歌手は、高橋一生さんの弟なのか?についてご紹介してきました。

ロマンスドール映画の原作者でもあるタナダユキ監督は、高橋一生さんと弟の安部勇磨さんのどっちが先に頭に浮かんだのかは不明でしたが、お二人ともこの映画のイメージにピッタリだったようです。

主題歌については、フルPVではありませんが、公式のユーチューブが公開されていましたので聴いていただきました。

愛について考えさせられる映画と主題歌の歌詞や歌手の安部勇磨さんの歌声で感極まったコメントもありました。

ほんとに公開日が楽しみです。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。