精神年齢が高い人は成功する

考える
Pocket

成功者は精神年齢が高い人が多いと言われているようです。
精神年齢とは何か?いつから、どうやって高い人へと磨かれていくのか?
相手の立場で考えれるようになるのは何歳からか?
面白い実験があったので、ご紹介しつつ成功者について考えてみたいと思います。

 

精神年齢とは?精神年齢が高い人とは?

成功者の多くは、マズローの欲求の5段階説でいうと、親和の欲求が満たされていないとお話ししましたが、当然、優れている部分もあります。

その一つに、精神年齢が高いということです。

精神年齢とは何か?

知能年齢とも言いますが、それは他人の気持ちを考える力です。

相手の立場を考えれる力、と言っても良いかもしれません。

思いやりとは、ちょっと違います^^;

ビジネスで成功するには、当たり前に必要な力だと思います。

今さらですよね^^

以前に、脳神経外科医で脳医学者の林成之先生のご講演を聞いてから、脳を活性化させることについて考えさせられることが良くあります。

そして、脳は年齢とともに変化していくようで、その面白い実験があったので、ご紹介したいと思います。

 

精神年齢が高いと言える他人の立場で考える力はいつからあるのか?

確かめるのは、何歳から他人の立場を考えられるようになるのか?というものです。

実験のきっかけは、小さい子供に、相手の立場を考えるように注意してもその意味が分かるののか?

それは何歳からか?と言うのがそもそもの目的だったようです。

実験は、3~5歳の子供に行いました。

実験方法は、以下を見せ、子供たちに質問をすると言うものです。

見せる内容は以下です。

1.ある子が大好きなお菓子を、
目の前でAの箱に入れます。

2.その子がいなくなったところで、
Bの箱にお菓子を移します。

3.その子がお菓子を取りに
戻ってきます。

ここで、それを見ていた3~5歳の子供たちに質問です。

【質問】
戻ってきた子供は、どちらの箱にお菓があると思い探すか?

すると、3~4歳の子供たちのほとんどは、Bの箱と答えます。

ところが、5歳のこどもたちは、Aの箱と答えます。

おわかりでしょうか?

3~4歳の子供は、まだ相手の立場を考えることができないのです。

つまり、自分はBの箱に移したことを見て知っているが、戻ってきた子供がそれを見ていないということが認識できていないのです。

その子の立場に立って物事が考えるということが理解できないということになります。

なので、あの子のおもちゃを取ったら、あの子がかわいそうでしょ!
とか、犬に石を投げたら犬がかわいそうでしょ!
と言って叱っても、意味が分かりません。

普通は、そのまま大人になる人はいませんが(笑)

5歳にもなると、理解できるようになり、あの子はBの箱に移したことを見ていないので、Aの箱を探すはずと、相手の立場で考えれるようになっているというこです。

精神年齢、つまり知能年齢として、脳が変化しているということです。

面白いですよね^^

これによく似た実験もいろいろあるようです。

例えば、同じように3~5歳の子供に、チョコレートの箱の中身を石ころに入れ替えるところを見せ、それを知らない人に、この箱の中身は何か聞いたら何と答えるか?

2~4歳の子供は、石ころ!

5歳の子供は、チョコレート!

と答えたそうです。

同じですね^^

 

精神年齢を高めて成功者になろう

どの時点でそうなるのか?

何を経験してそうなるのか?

良く分かりませんが、何らかのコミュニケーションなどで、そういった知能が磨かれ、精神年齢が上がって行くんでしょうね。

これが、磨かれていなくて相手の立場で考えれない人は、ビジネスをする上で、大変です。

ビジネスは、お互いがWin-Winとなって成立するものですから相手のWinが考えられないと普通はうまくいかないでしょうね^^;

ビジネスだけでなく、人とかかわるもので成功するには、相手の立場を考える力、つまり、精神年齢を高める必要がありますね^^

相手の立場を考えれない人を見ることがありますが、自分も気を付けたいものです(笑)

 

まとめ

今回は、成功者に精神年齢が高い人が多いということをお話ししました。

精神年齢が高い人とは、相手の立場で考えれる人と言えますが、それは何歳から考えれるようになるのか?という面白い実験もご紹介しましたが、いかがでしたか?

成功者になるのは、相手の立場を考えれるように努力すればなれるかも^^

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;