成功者がやっている良い習慣を勉強!脳内対話の観察で自分と信頼関係を!

合格
Pocket

成功者と言える人がよくやっている良い習慣があります。

それを観察して勉強すれば、未来の成功した自分が見えてくるはず。

あなたもやっていると思いますが、普段何気なく頭の中で考えることがあると思います。

そのときに自分自身と脳の中で対話をしていませんか?

成功者は、その脳内対話で、未来の成功した自分と対話し、今の自分との信頼関係を築いています。

今の自分が未来の自分を信頼し、必ず未来の自分になるとが思い、未来の自分が今の自分を信頼し、必ず未来の自分になってくれると思う。

そして、普段の脳内対話を観察し、未来の成功した自分になるように脳内対話を変えていく習慣をつけることが良いのです。

このことを勉強し、現状から成功する状態へと移せば成功者への道が開けるというものです。

 

成功者がやっていることを紐解く

成功するか、しないかは、わずかな差に過ぎない。

もしかすると今までに、自己啓発や成功哲学、心理学あるいは脳神経学など学習された方はいますか?

今は、いろんな場所や仕組みから情報を得ることができるので、たくさんの方が聞いたことがあるかもしれませんね。

今回は、それらについての情報を記載してみます。

 

特に、経済的な成功したい!

名声や尊敬を得たい!

幸せになりたい!

と思っている人に、参考となればうれしいです^^

少なくともほとんどの人が、幸せになりたいと思っているのではと思いますが・・・

(不幸になりたいと思っている人は、すぐに病院へ^^;)

 

そう思っていても、そんなのは運が良い人だけだ!って思っていませんか?

 

或いは、一部の才能ある人だけ!

とか、一部の選ばれた人だけ!

 

自分も運よくそうならないかなぁ・・・とか、

成功を手に入れられないかなぁ・・・とか、

 

人間の脳って、成功を望むことも、それを妨げるような意見を持ってしまうこともあります。

真逆の意見として、引き止めたり、諦めることの筋道を作り、自分に説得したりします。

かと思えば、ポジティブになったり、かと思えば、ネガティブになったり・・・

中には、愚痴ばかり言ったりもしますよね^^;

いつも、自分を正当化しようとしていて、さまざまな心の声を持ってしまうのが普通だと思います。

 

例えば、「音楽の世界で成功するんだ!」と思ったとします。

気持ちが高まり、「よしっ!今日から毎日、練習だ!」と、硬く決意をしたとしても、その後が人によって様々です。

「今日は、その前にすることがあるから、明日からにしよう!」

「・・・(笑)」

それでも、成功する人は成功する道を着実に進んでいきます。

成功できない人は、成功しない道を自ら選んで進んでいきます。

さて、何が違うんでしょうか・・・?

或いは、受験でもそうです。

志望校に合格する道を着実に進む人もいれば、失敗の道へと着実に進む人もいる^^;

合格

失敗した人の考え方を整理して、失敗から学ぶというのもありますが、それって失敗を避けることはできますが、だからと言って成功できるものでもないですよね。

やっぱり、成功する人から学ぶことの方が、的を得ていると思いませんか?

そう、成功者を観察すれば、成功する方法が見えてくるはずです。

そして、その重要な一つとして、成功者の脳内対話を紐解くというものがあります。

脳内対話とは

脳内対話と聞くと、だいたいのイメージはつくと思います。

人の脳内、つまり頭の中で、あるいは心の中と言ってもよいかもしれませんが、無意識にいろんな思いが駆け巡っていると思います。

よくよく観察すると、何か会話をしていませんか?

自分で、問いかけて、その答えを探し、答えを返す。

答えが出なかったら、悩んでしまう^^;

ずっとこのようなことが頭の中を駆け巡っていると思います。

これがないということは、いわゆる”無の状態”なんですかね^^;

なかなかできるものではありません。

いろいろな表現で言われていますが、一つとして自動思考と言われているものに近いと思います。

頭の中に普通は、一日に数万以上の単語が浮かんでいるそうですよ^^

そして、その脳内対話で重要な要素となっているのが、自分との信頼関係です。

これが、成功状態を手にする原動力になるということです。

 

成功者がやっている自分との信頼関係

自分との信頼関係とは?

「今までの自分」と「成功をしている未来の自分」

この二つの自分に信頼関係の状態を作ること!

う~ん、なんだか分からん・・・

簡単に言うと、成功者になれない一つとして、「今までの自分」の賛同が得られないから、ということです。

「今までの自分」は10年20年と時間をかけて作り上げられてきた状態です。

一生懸命に力を発揮し、自分では正しいと思った道を選び、現状を作り上げてきたんです。

それを変えろったって、簡単ではないですよね。

 

人は変化を危険と捉え、現状維持をしようとします。

なので、変化するために動き出すには、変化は安全だ!

変化のメリットが大きい!

成功すべきだ!

と、現状維持をしたいと思う力より、変化によるメリットが大きいと思うことが必要となります。

「今までの自分」と「成功をしている未来の自分」が手を組むことによって、そして、Win-Winの関係になることによって成功するということです。

なんか、回りくどいけど、なんとなく理解はできたかと思います。

 

成功者がやっている脳内対話の観察

世の中には、たくさんの自己啓発や成功哲学の本がありますが、それを読んでも、成功できる人とできない人がいます。

良い情報や環境に巡り合えても、成功に向かって動かない人もいれば、一歩を踏み出してみる人、そして、成功するまで継続して行動する人がいます。

成功するとは、「現状」から「成功する状態」に変化すること!

人生の中でも、一瞬で変われるとき、一歩を踏み出したら変われたとき、時間をかけて変われるとき、無理なく変われたとき・・・などなど、いろいろな変化のパターンがあると思います。

でも、大きく分けると二つのパターンと考えられます。

・インパクトの強さ×回数による変化

・セルフイメージが変わることによる無理のない変化

 

インパクトの強さ×回数による変化

現状から成功する状態に変化するには、自分の頭に浮かぶ言葉、つまり脳内対話をキャリブレーション(観察)することによってできます。

つまり、自分の脳内対話の癖を観察し、意識的に対話に変化を与えることができるからです。

普段の生活の中で、例えば、電車に乗っているときや歩いているとき、或いはお風呂に入っているときなど、自分の頭に浮かぶ考え、つまり脳内での会話をよく観察してみると良いですよ。

その時に、「もう少し、ポジティブな発言ができていると結果が変わるかも?」

と思うことがないですか?

その成功に向かう道に入るポジティブな発言の関数が、一つ目の「インパクトの強さ×回数による変化」にあたるよ、ということです。

 

セルフイメージが変わることによる無理のない変化

脳内対話を観察し続け、意識的に変化させることによって、内部対話の傾向が変われば、「私は、〇〇な人である!」という、セルフイメージにも影響を与えることができます。

そうなれば、しめたもので、意識しなくても良いので、無理なく変化するこができるようになります。

 

こういった脳内対話の傾向によって、成功するかどうかの重要な分岐点となるようです。

 

まとめ

今回は、成功者になるためには、自分との信頼関係を築くことが重要であり、その状態を作るための第一歩として、脳内対話を観察する習慣をつけましょう!

というお話でしたが、勉強になったでしょうか^^;

今と未来の自分との信頼関係を築いてしまえば、簡単に裏切ること、つまり、その勉強と良い習慣をやめることはできませんよね。

成功者となる人は、意識をしてやっている場合も、無意識でやっている場合もあると思いますが、あなたも自分を観察してみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;