テロメア分析技術の現状

Pocket

若返りが遂に現実化するのか!

随分と昔から、

テロメアの論争がされてきたようです。

テロメアについては、過去5回にわたって、

何も知らなった私が、

いろいろ調べながら、

分かった情報を記載してきました。

はっきり言って、難しいです^^;

一般人が知りたいのは、

若返ることができるのか!

がんなど、命に関係する重病を阻止できるのか!

それが、どんな方法だろうと重要ではないですよね。

そして、知りたいのは、

その情報の信頼性だと思います。

その一助となる情報が手に入りました。

それをご紹介します。

先ずは、TATと呼ばれるテロメア分析技術ですね。
既に保有している膨大なデータから適切に評価できるらしいです。

 

分裂を繰り返し、短くなったテロメアは、
命に係わる加齢性疾患の発生に寄与するそうですね。

 

短縮したテロメアと各種疾患等との関連性を示したるようです。

 

テロメアの長さは遺伝と環境要因に影響を受け、
特に個人のライフスタイルによる影響が大きいようです。

 

TATの流れを示しています。
採血するだけで分かるんですね。

 

その他の方法との比較表ですね。
一番右がTATで、他の方法より優位であることを示しているんですね。

 

TATの実際の結果報告書ですね。
当然、結果内容を医者が説明してくれます^^

 

TATの専用キット写真ですね。
採血は少量のようです。

 

実際の分析は、スペイン国立がん研究センターより独立した
染色体レベルでテロメア長を個別に測定する技術を有する
世界で唯一の企業のライフ・レングス社にて行われます。

 

ライフ・レングス社は、「Horizon2020」の受賞と公的資金を貰っていて、
実際にONCOCHECKプロジェクトで500万ユーロ(6億円以上?)を確保している
トップレベルの企業ということですね。
TATは、大多数のがんを同定できる指標となり、
普遍的な解決策を提供できるようです。

つまり、信頼性が最もある企業で、

TATは、すごい分析方法ということですね。

簡単に言うと・・・(笑)

難しい事は置いといて^_^

先日、遂に!

製品が一般販売されました。

やはり製造するのが大変で大量には作れないのと、薬機法と言う難しい法律の縛りがあるらしく、大変だったようです。

なので、いつでも誰でも手に入るものではないですね^ ^

そして、なんと!幸運にも!

注文できるサイトをご紹介頂けましたぁー

このサイトぐらいだと思います。

そんな夢のような商品をこちらからご覧下さい。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;