言葉の使い方!想像させる単語を選択しよう!

考える
Pocket

普段の会話で同じ意味でも、言葉の使い方や言い方で伝わり方全然変わってくることがあります。
より良い言葉の使い方として想像させる単語を選択すると良いです。
想像力のある単語を選択するだけで、伝わる印象はガラッと変わります。
そんな言葉遣いを考えてみましょう。

 

想像させる言葉の使い方!

いきなりですが、想像的な言葉を使え!と言う教えがあります。

言葉って面白いと思いませんか?

いろんな言い回しとか言い方とかあります。

特に日本語は言葉の種類が豊富です。

人と話をして分かるのは、物事がうまくいっている人は言葉遣いが上手です。

言い方をかえると、単語の選択がうまい。

話を聞いているだけで、元気が湧いてくる人もいれば、なんか元気を奪われてしまう人とかも居ると思います。

それは、単語の選択が違うからです。

 

想像力のある単語の選択でどんな印象になるか

例えば、何かトラブルがあった時、大変とか、辛いとか、苦しいとか、あいつのせいだとか、あいつは嫌な奴だとか・・・

こういう風に言われるのは、あまり聞きたくないと思います。

聞いているだけで、こちらのエネルギーが奪われます。

でも、何かトラブルがあった時に、また新しいチャレンジがあったとか、また自分が成長できる機会があったとか、こういった言葉を使うとどうですか?

こちらも元気になりませんか?

人間は誰しも、怒ったり、悲しくなったり、あるいは、嫉妬したり、妬んだり、いろんな感情があります。

そして、毒を吐きたくなることもあります。

そんな時にでも、相手に対して、想像力のある単語を選んで話すと良いです。

 

想像させる単語を選択しよう!

例えば、仕事が簡単という意味を伝えたい場合です。

単純に、この仕事は簡単です。

と言われると、そんな簡単な仕事なんてないよと嘘っぽく聞こえます。

でも、この仕事はサラリーマン向けです。

と言われると、サラリーマンの人は、ビクッと反応すると思います。

また、ド素人でもできる。

と言われると、経験がない人が興味を示します。

他にも、知識ゼロでもできるとか、初心者でもできるとか、ノウハウコレクターに向いているとか・・・

こういう風に想像させる単語を選択して話すだけで、同じ簡単だという意味の伝わり方も違ってきます。

例えば、紹介文を書くことを学ぶとします。

簡単ですから勉強しましょう。

と言われると、なんとなく大変そうです。

でも、このテンプレートに従って書き方を覚えましょう。

と言われると、なんかできそうと思いませんか?

同じ簡単という意味を言うのに、言い回しや、言葉の選択を変えるだけで、伝わり方が変わります。

想像できない言葉で言われるより、具体的に想像できる言葉で言われる方が伝わりますよね^^

 

いろんな会話で想像できる言葉を使おう

また、普段、自分の頭の中でも会話をしていると思います。

自分に対し、問いかけをしています。

そんな時も、例えば、なんで上手く話せないんだろう?

というネガティブな質問をするよりもどうすれば上手く話せるんだろう?

と想像しやすい問いかけをする方が、上手く話せるアイデアも見つかるでしょう。

あなたは、自分に対しても他人に対しても毎日、たくさんの会話をしている筈です。

その会話を想像できる言葉にしていくだけで自然といいアイデアが見つかると思います。

これから、ポジティブな、建設的な、そして、想像できる言葉を使うようにしてみて下さい。

数年後には、違う世界が見えているかもしれませんよ^^

 

まとめ

今回は、言葉の使い方として想像させる単語を選択しましょうという話でした。

より具体的に想像させる単語を選択するだけで、伝わり方が変わります。

具体的なイメージができる言葉の使い方によってコミュニケーションはより良いものになるでしょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;