一般大衆と反対を考える!成功者の違いとは?

考える
Pocket

どんな分野でも成功者はトップから1%だと一般的に言われています。
成功者と一般の人、つまり一般大衆とは何が違うのか?
多数意見を聞くべきなのか?
少数の成功者のアドバイスを聞くべきなのか?
考えてみましょう。

 

成功者は流行りの反対を考える

どんな分野でもそうですが、成功者はどれくらいいるかご存じですか?

一般的に言われているのは、トップから1%です。

100人に1人の割合です。

凄く、確率は低いです。

で、よく勘違いされていることとして、成功しようとして、流行っていることにつられて行動してしまうということです。

でも、1%といわれている成功者は、その流行と違う方法に行動しています。

全くの反対だったり、部分的に反対だったりします。

 

成功者は一般大衆と反対を考える

極端に言うと、成功者は、多くの人たち、つまり一般大衆とは真逆の行動をしています。

右に行けと言われれば、左に行く。

これは、ダメだよと言われれば、良いと言う。

これって、たいていの場合、反対されたり批判されたりします。

でもその方が、圧倒的に成功する確率が高いです。

自分のアイデアがうまくいくかは、変な話、反対者が多ければ上手くいくと考えて良いでしょう。

これは、統計的にも出ているようです。

これから、あなたが何かをしようと意思決定するとします。

例えば、起業しますと言った時に、家族とか親戚とか知人とかは、たいていの場合、反対すると思います。

 

成功者と一般大衆の違い

周りが反対するのは何故だと思いますか?

それは、家族や親族や知人も殆どが、一般大衆だからです。

言い方は、悪いですが、みんな成功しない側にいる人たちです。

だから、必ず反対してきます。

企業するなんて、リスクがあるよ。

借金するんじゃないの?

誰かに騙されているんじゃないの?

なんか変な宗教に入っているんじゃないの?

反対するためにいろんな批判をします。

でも、その人たちは、成功者ですか?

成功者は、みんなに賛成されて行動を起こした人ですか?

 

成功したいのであれば成功者のアドバイスを聞こう

今後も、アドバイスを聞く人、あるいは意見を言っている人が、あなたにとって理想の人なのか?

尊敬できる人なのかどうか?

それを、一つの基準とすると良いです。

例え身内であろうとです。

どんなに愛しい人であろうと、あなたにとって理想の人でなければ、アドバイスを聞く必要はないです。

見捨てろとか、無視しろということではないです^^;

あなたが理想としている実績のある成功者が、こうだ!と言ったことに対し、一般の大多数が違うと言ったとしても、成功者のアドバイスに従うほうが成功する確率が高いことは、数値的にも明らかに出ています。

当然と言えば当然です。

 

成功者は一般大衆と違う行動をする

成功の反対

これから何をしようとしても、多くの一般大衆の壁が立ちはだかります。

その壁の反対側、つまり向こう側に成功があると言えます。

決断をする際の一つの考え方として頭に入れておくと、成功への道が切り開けると思います。

実際の仕事の中で、みんなが、こうだと言ったとしても本当にそうなのか、反対のことを考えると良い結果が生まれたり、或いは失敗を避けられた経験はないですか?

勇気をもって行動すると良いですね^^

 

まとめ

今回は、成功者は一般大衆とは違い、反対の考えや行動をしているというお話しでした。

多くの人は多数意見に同調して、違うことを避けようとします。

どんな分野でも成功者はトップから1%だと一般的に言われていて極めて少数派となります。

そんな少数派の成功者の意見と、大多数の一般大衆の反対意見と、あなたはどちらを参考にしますか?

そう考えると、今回のお話しも分かりやすいかも^^

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;