人をコントロールする方法?コントロールすべきは自分自身!

考える
Pocket

誰もが自分の思うように人をコントロールしようとします。
いろいろな方法が紹介されていますが、人はコントロールできません。
コントロールすべきは自分自身なのです。
それによって、周りの人も変わります。
その方法を自身で試す方が確実だと言えます。

 

他人や自分以外のものをコントロールしようとするな!

多くの人は、自分の思うようにどうやって他人を動かすかを考えます。

会社だと、部下に行動させようとします。

つまり他人をコントロールしたがります。

でも、他人はコントロールできません。

奥さんや旦那さんもそうです。

もちろんお子さんもコントロールはできません。

ですが、他人の意識を変えて動かそうと一生懸命に努力して時間を費やします。

いろんな情報を調べて、或いは心理学などを学んでいる人もいます。

ハッキリ言って、時間と労力の無駄です。

 

時間や世の中の動きはコントロールできますか?

当たり前ですが、時間も、コントロールはできません。

どんな人でも同様に一日は24時間です。

なのに多くの人は、他人などをコントロールしようとして努力して、苦しんでいます。

特に良くないのは、自分がうまくいかないのは、人が悪いからとか、景気が悪いからとか、全て自分以外のせいだと言います。

景気もコントロールすることなんて不可能ですよね。

コントロールができない景気をなんとかコントロールしようとして一生懸命に動向を掴もうと勉強し、時間を費やすのも、もったいないですよね。

ある程度は予想できるかもしれませんが、100%ではありませんし、逆に過信して大失敗することもあります。

 

自分自身をコントロールする方法

じゃ、どうすれば良いかです。

もう、お分かりですよね。

コントロールできるのは、自分自身です。

毎日、運動するとか、勉強するとか、何かに挑戦するとか、朝早く起きるとか、大変なこともあるかもしれませんが、自分自身のことですからコントロールは誰にでも必ずできます。

どうやってやるのか?

それは、自分にコミットメントしてやると決心するだけです。

そして、やり続けるだけです。

 

自分自身をコントロールできると周りも変わる

自分自身をコントロールすることによって、何れコントロールができない他人に影響を与えることができます。

そして、自分の思いと同調した行動を他人が取ってくれるものです。

あなたが一生懸命にやっている姿を見て家族も協力してくれるかもしれません。

家族をコントロールしようと時間と労力を使っても家族は変わりません。

あなた自身をコントロールして後姿を見せることで家族が変化するものです。

会社の上司や部下、他部署の人たちもコントロールしたいのであれば、その人を直接動かそうとするのでなく、あなた自身をコントロールして行動を見せることで会社の人たちも変わります。

受け身の思考でなく、能動的な思考。

ポジティブに、建設的に自分自身をコントロールすることです。

 

自分自身をコントロールし続けて行動で示す

目標を達成するには、建設的に自分自身をコントロールすることを繰り返し、し続けることです。

そうすることで周りにも変化がおき、結果として、目標の達成ができます。

口で言うだけではダメです。

行動で示すことが大切です。

自分の組織に対し、リーダーシップを示すことです。

所謂、フェルトリーダーシップです。

口頭でのマネジメントだけで人は動きません。

他人を管理、制御しようとするのは困難ですし、相当の労力が必要となります。

そうではなくて、あなた自身を管理、制御して、それを示すことで、周りは変わるものです。

 

まとめ

今回は、人をコントロールするのでなく、自分自身をコントロールしましょうという方法のお話しでした。

誰もが自分の思うように人をコントロールしたいと考え、中にはいろいろな方法を試したりもしますが、人はコントロールできません。

人を変えても1週間もあればもとに戻ります。

コントロールすべきは自分自身なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;