成功させるパワーがことばにある~ことだま~

NLPとは
Pocket

“ことば”には力があります。昔から”ことだま”と言うくらい、不思議な力があります。

その言葉の力をうまく利用し、あなた自身を成功脳の持ち主に変えることもできます。

それは、世界の有名成功者も学んでいる言語プログラミングで可能となります。

 

ことだま!言語プログラミングが成功に導く

ニュープロとは、ニューロ言語プログラミング、つまり神経言語プログラミングの略です。

更に略して、NLPとも言います。

言語プログラミングという通り、言語についての研究という側面があります。

NLPとは

ことだま!という言葉があるくらい、言葉にはパワーがあります。

脳医学者の林成之氏によれば、お互いの脳神経を『同期発火』させると良いそうです。

人と人とのコミュニケーションを考える上で、とても重要な現象、概念となります。

おもしろいと興味をもったり、なるほどと感心したり、素晴らしいと感動するような前向きな心や感情をもつほど『同期発火』が強く起こるのです。

これによって、人間の脳のパフォーマンスが高まり、次々とすごい力、すごい能力が発揮できるようになります。

お気づきと思いますが、脳の機能は、本能や心と関係しているということです。

例えば逆に、あなたがリーダーの立場であったとして、あなたの仲間や部下を叱りとばしたりするだけでは、相手の脳には『同期発火』が起きません。

それどころか、自分の脳にもマイナスになります。

愚痴や悪口はもちろんです。

脳の活性化は、その時点でストップします。

仮にそう思ったとしても、『同期発火』へと脳を切り替えさせるんです。

そうやって、『同期発火』することによって、あなたは成功するのです。

同じように、ニューロ言語プログラミングにはパートという考え方のフレームがあります。

全てのパートが同意した時、私たちは何をすべきかわかっていると感じることもあるでしょう。

こういった状態を『一致』と表現します。

ニューロ言語プログラミングでは、ボディ・ランゲージ、そして行動、発言、言葉の使い方、声の調子など、バーバル(言語的)メッセージと
ノンバーバル(非言語的)メッセージが同意して、同じ方向に向けられている状態を『一致』としています。

『一致』は、パワフルな状態です。

決意・決心したような感覚であり、後ろ髪をひかれることはなく、脳自体が「YES!」と言っているのです。

成果達成に役立ち、推進力を持っている状態になります。

『一致』は、成功するための十分なチャンス!と言えます。

逆に不一致感は、メンタルをぐらつかせ、何をすべきがわからない感覚を生みます。

進みたいのに進めない矛盾の状態と言っても良いかもしれません。

そのような状態では、決意決断することできませんよね。

仮に決心したと思っていても、不安感があり、行動力を阻害してしまいます。

そのような不一致状態も、ニューロ言語プログラミングで一致状態に変化させることで解決します。

脳自体にインストールされていれば、無意識に成功へと進むことでしょう。

「できて当然」「成って当然」「持つことは当然」という感覚になり、強力なパワーを持つ無意識が成功へと導いてくれる状態になります。

もはや、できて当然なのにそうなっていないことに居ても立っても居られないような焦燥感に駆られることだってあるかもしれません。

また継続して夢や目標に触れて、成功することに意識することを継続していくと、はじめたころの強く願っていた感覚とは違う状態へと変化し、不一致感がなく、静かなる情熱をヒシヒシと感じる状態に変わってくるでしょう。

あなたが成功したいと望むなら、成功に役立つプログラムをインストールしていきましょう!

自分の言葉使いに気づき、自分の言葉使い以外のものにも気づくという感覚の鋭敏性を高めることが大切です。

成功に必要なプログラムを無意識にインストールすれば、成功は自動であり、加速します。

言葉の力で、無意識にプログラムをインストールできます。

例えば、「身体よ!体温を上げてくれ!」と考えても体温調整はできません。

しかし、文章や言葉から興奮のイメージが想起されると、実際に興奮状態になり、身体が熱くなることもありますよね。

手に汗をにぎるなど、発汗することだってあります。

或いは、催眠術の有名な話で、こんなのはどうでしょうか?

催眠術が、かかりやすい人、かかりにくい人を見分ける話です。

あなたの目の前にレモンがあります。

1段階目として、みずみずしいレモンを手にしているイメージをしてください。

2段階目として、ナイフを用意してレモンをスライスしてください。

3段階目として、スライスしたレモンを口に入れかじってください。

さぁ、あなたは、どの段階で唾液がでましたか?というものです。

早い段階で唾液が出た人は催眠にかかりやすい人というものです。

言葉によって、身体が反応するわけですね。

 

あなたを成功させるパワーが言葉にある

これに関連して、ニューロ言語プログラミングのワークを一部ご紹介すると、『アズ・イフ・フレーム』と言って、言葉・質問を使う事で、思い込みや心理的な壁を取り去り、前向きな視方をする技法があります。

タイムライン系のワークでは、わたしたちの無意識にある時間軸を利用して、目標達成を阻害している過去のトラウマと、それにまつわる否定的な感情と制限された決断を取り除き、望む未来を手に入れるというものもあります。

現実の目の前にないものを見せて、聞かせ、感じさせているのですから、催眠術にかかっている状態と似ていませんか?

或いは、『サークル・オブ・エクセレント』という面白いものもあります。

アンカリングという五感からの情報をきっかけに、特定の感情や反応が引き出されるプロセスを作り出すテクニックを応用し、自分が最高のパフォーマンスを発揮している状態をいつでも呼び起こせるようにするテクニックです。

エクササイズやワークでは、言葉によるガイドで実際に状態が変化します。

状態が変わったことは、顔の表情がかわり、姿勢や体の動かし方も変わりますから分かりますよね。

直接的でなく別のもので感じ取ってもらうためにあるとも言えるサークルは、自分が望む肯定的な感情を自由にいつでも呼び起こせるように
アンカリングすることになっています。

なんだか、難しそう!って思いませんでしたか?

大丈夫です。

「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」と、アインシュタインも言っています^^

そういった体験ができる環境の中で学べば良いのです。

ニューロ言語プログラミングを勉強して、成功に必要なプログラムを無意識にインストールしましょう。

そうすることで、自動的に成功に向かう感覚を感じ、成功は加速します。

あなたを成功させるパワーが言葉にある!

ニューロ言語プログラミングに触れてみませんか?

無料で覗くことができますよ^^

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;