AI美空ひばり紅白似てない!新曲「あれから」を聴いたツイッター感想を紹介

AI美空ひばり「あれから」

AI美空ひばりの新曲「あれから」が紅白で再放送されます。

遂にAI音楽の幕開け?となり、凄いと思ったら、既にCDも販売されていました。

似てないとの声もあるようですが、ツイッターの感想を調べてご紹介していきたいと思います。

AIを利用した技術とは何なのか?完成度はどうなのか?気になりますね^^

既にNHKスペシャルで放送されて反響もありますが、今一度、年末の紅白でAI美空ひばりの新曲「あれから」が聴けますので、その感想も随時ご紹介していきたいと思います。

似てないとCD販売出てしまいますしね^^

それでは、最後までお付き合いをよろしくお願いしますm(__)m

 

AI美空ひばり新曲「あれから」を聞いたツイッター感想を紹介

年末の紅白歌合戦でAI美空ひばりの新曲「あれから」を歌う!と発表がありました。

凄い時代が来たものですね。

当然ですが、聴く人によっていろいろな意見があります。

絶賛する人、感動する人、あるいは、何も感じない人、似てないという人。

さらには、故人を再現することを問題視する人などいろいろですね。

そんなツイッターの感想を個人的な判断で、声(合成音?)が似てない派、映像が似てない派、応援派、疑問視派、などに勝手に分けて、抜粋してご紹介します^^;

 

AI美空ひばりの声が似てない派のツイッター感想

どうしても、ボーカロイドで作成した感じは残っていますね。

あとで詳細に調べますが、歌声合成技術『VOCALOID:AI』(ボーカロイド:エーアイ)を使ったとのことなので、知っている人にはその感じが気になってしまうんでしょう。

 

AI美空ひばりの映像が似てない派のツイッター感想

映像の完成度は、低いという感想がやはりありました。

というのは、私もそう思ってしまったので(笑)

CGで作成した画像はすぐに分かりますね。

そして、発声するときの口元が合っていなくて気になった人もやはりいたんですね。

でも、相当の技術が駆使されています^^

 

AI美空ひばりの応援派のツイッター感想

初めてAI美空ひばりを観たときは、私も感動してしまいました^^

歳のせいかも(笑)

作詞作曲がすばらしいし、ツイッターの感想にもあるように関係者の思いが感じられました。

 

AI美空ひばりの疑問視派のツイッター感想

なるほど。

これらの感想にはコメントは控えておきます(笑)

 

AI美空ひばりを建設的に考えるべき!

いろいろな感想をまとめたような意見がありました。

確かに映像はアンドロイド感があって、まだまだこれからって感じですね。

そして、問題はどう使うか!で、なんでも建設的に考えると良いですね^^

もしかしたら、亡くなる前に本人に同意を得るような時代もきそうですね^^;

となると、亡くなってからも著作権みたいな資産が発生するのか⁈

個人的には、AI音楽が発展していくと、AIジャズ歌手やAIプレイヤーのとんでもない演奏が聴ける世界がくるのではと思っています。

かなり楽しみ^^

 

AI美空ひばりの新曲「あれから」の再放送は紅白が最後?

これまでの放送や再放送や拡大版の関連放送は、次のようです。

2019年9月29日(日)21:00~21:50 NHK総合

2019年10月2日(木)0:35~1:25 NHK総合

2019年11月12日(火)19:57〜20:42 NHK総合「うたコン」

2019年12月17日(火)19:30~20:29 NHK総合

2019年12月14日(土)17:45~18:44 BS4K

2019年12月30日(月)7:00~7:59 BS4K

そして、2019年12月31日(火) 19:15~23:45 の紅白歌合戦で放送決定です。

AI美空ひばりが放送される時間は、22時40分ごろではないかと推測します。

 

AI美空ひばりの新曲「あれから」の歌詞と作曲、プロデュースやスタッフは誰?

この新曲「あれから」を作詞とプロデュースしたのは、秋元康さんで、作曲は佐藤嘉風さんのようです。

主な制作者は、ボーカロイドの生みの親の大道竜之介氏とCGデザイナーの山本展敬氏のようですね。

その他のスタッフも美空ひばりと深い関わりのある凄い人ばかりです。

振付として歌手の天童よしみさん

ファッションデザイナー 森英恵さん

美空ひばりのヘアメイク歴25年の美容師さん

そして、美空ひばりの一人息子、加藤和也さん、となっていました。

そりゃ、思いが込められますね^^

 

AI美空ひばり紅白での反応は似てない!となるのか?


さてさて、楽しみなのは、紅白歌合戦で披露されたときの皆さんの反応ですね。

大半の方は感動すると思いますが、やはり先ほどのツイッターにあるように、いろいろな意見が飛び交うのではないでしょうか。

その際は、随時更新していきたいと思います。

感想を述べるにあたって、制作関係者の思いだけでなく、どんな技術で作ったのかや、今現在の評判や状況も捕捉としてちょっと調べてみますね。

 

どんな技術や方法で作っている?

そもそも、ボーカロイド・エー・アイってどんな技術?

あるいは、AIってなに?

という人も居られると思いますので、どんな技術で、どんな制作の流れなのかを3行にまとめてみます。

1.今までのボーカロイドにAIを加えた新しい歌声合成技術で、初の実用化公開である

2.生前の歌や話し声の音源データを大量に集め、AIに学習させて音声合成をする

3.学習したAIと曲を合わせて新曲を合成する

かなり簡略化してみましたがイメージできましたか(笑)

おそらくデータを集めて声をとるのも大変だった思います。

データがあればあるほどAIの学習精度は上がるので、似てないと思うところの改善の余地もあるのかもしれませんね。

 

AI美空ひばりが好評でCD販売も決定?


2019年9月29日のNHKスペシャルで番組が放送されると、SNS上で評判が良く、再放送だけでなくCD化の要望が多かったようです。

そして、2019年11月12日のNHKの歌番組「うたコン」で生放送されて大反響より、COLUMBIAが働きかけたようです。

その番組で放送されたものは、11月27日から-NHKスペシャル・バージョン- として配信開始されていました。

CDは、12月18日から、美空ひばり(AI歌唱)「あれから」として、1,227円(税別)で販売されています。

なんと、カセットテープ(同価格)もあるようです。

今度の紅白歌合戦では、更なるバージョンアップがされているかも^^

 

まとめ


いかがでしたか?

今回は、2019年の紅白歌合戦でAI美空ひばりの新曲「あれから」が再放送されるということで、似てないなどのツイッター感想をご紹介しました。

AI技術による、また新たな時代への一歩という感じですよね。

ツイッターには、似てないだけでなく、いろいろな意見や感想がありますが、かなりの高評価だったので、AI美空ひばりの新曲「あれから」が紅白で再放送されることになったようです。

また、既にCD化もされて販売していました。(当初は予定していなかったようですが・・・)

この後も、紅白での放送のツイッター感想も気になりますので、随時更新したいと思います。

それでは、今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。