ラストレター映画キャスト一覧を相関図や画像で紹介

ラストレター
Pocket

映画「ラストレター」のキャストの一覧を相関図や画像で詳しくご紹介したいと思います。

「Last Letter」は、2020年に東宝系で公開予定の岩井俊二監督本人による原作小説となっています。

注目すべきはイメージにぴったりの豪華キャストとなっていますよね。

そして同監督の23年前の初期作品「ラブレター」と関連しているのかなと思いますよね。

今回の「ラストレター」は、物語の関連はないようですが、初期作品のアンサー映画となっていて、手紙を使ったアイデアに思いつき構想がスタートしたようです。

物語の舞台は監督本人の出身地宮城県で、高校時代のキャストも豪華ですね。

高校時代と30年後の現在の一覧も相関図や画像で分かりやすくご紹介していきますので、最後までお楽しみ下さい♪

 

映画ラストレター出演キャスト一覧・相関図

小説と予告編、公式サイトから独自に相関図にまとめてみました。

ラストレターキャスト一覧相関図

ラストレター相関図

画像だけではちょっと混乱するかな?

映画ラストレターは、30年前の回想シーンとの関係で、「広瀬すず」と「森七菜」が二役を演じています。

共に、30年前の母親と娘という二役です。

映画「ラストレター」は、原作が岩井俊二で、監督も岩井俊二という1995年に公開された1作目の映画「ラブレター」とよく似た部分もありますね。

内容は、全く別物のストーリーですが、岩井俊二の世界観が良く出ている作品だと思います。

前作のラブレターも一人二役が採用されており、中井美穂が主演で、出ていましたね。

実は今回も出演しています。

そして、同じく主演で出ていました豊川悦司も今回のラストレターで出演しています。

それでは、映画ラストレターに出演されたキャストを一覧でご紹介していきます^^

 

映画ラストレターキャスト一覧

一人二役は、それぞれの役で一覧にしてみました。

キャスト 役どころ
松たか子
役:岸辺野裕里
夫の宗二郎、娘の颯香、息子の瑛斗の4人暮らしの主婦
福山雅治
役:乙坂鏡史郎
デビュー作以降、全く書けない小説家
広瀬すず
役:遠野鮎美
母の未咲が亡くなり、祖父母が暮らす未咲と裕里の実家に住む
広瀬すず
役:遠野未咲
回想シーンの学校のヒロインで裕里の姉
森七菜
役:岸辺野颯香
裕里と宗二郎の娘
森七菜
役:遠野裕里
回想シーンの未咲の妹で転校生
庵野秀明
役:岸辺野宗二郎
裕里の浮気を疑う夫で漫画家
降谷凪
役:岸辺野瑛斗
裕里と宗二郎の息子
豊川悦司
役:阿藤陽市
未咲の元恋人
中山美穂
役:サカエ
阿藤陽市の同居人
鈴木慶一
役:遠野幸吉
裕里の父
木内みどり
役:遠野純子
裕里の母
水越けいこ
役:岸辺野昭子
裕里の義母
小室等
役:波止場正三
岸辺野昭子の学生時代の教師

 

シークレットゲストは?


シークレットではないですが、前作のラブレターの主演の中山美穂と豊川悦司を使うところには、岩井俊二ワールドに必要だったのでしょうね。

イメージがぴったりと言う感じなのでしょう。

前作では、数々の賞を受賞していますので、今回の映画「ラストレター」も期待できますよね。

そして、岸辺野瑛斗の役で出演している降谷凪は、俳優デビューを飾る作品となります。

実は、降谷建志とMEGUMIの長男なんですね^^

もしかしたら、他にも知られていないシークレットゲストが出ているのかも・・・

 

カラテカ矢部太郎が出ていた!

ラストレター_カラテカ矢部

ラストレター出演のカラテカ矢部

新たに2020年12月16日情報として、カラテカの矢部太郎が出演していたことが分かりました。

その役どころが、この映画のキーワードとなっている手紙を乙坂鏡史郎に届ける郵便局員です。

大事な役柄です^^;

カラテカ矢部のコメントには、岩井俊二映画に出演できて夢のようだったようです。

でも、夢でなく、ちゃんとそこに、ありました!という内容のコメントをしています。

 

映画ラストレター脚本は誰?制作スタッフもおさらい

この映画の舞台は、岩井俊二監督が故郷である仙台・宮城を初めて採用しています。

自身の原体験の集大成とした映画で、一作目の映画『Love Letter』に対するアンサー映画にもなっており、いろいろな構想を詰め込んだ映画でもあります。

岩井監督がこの映画「ラストレター」の説明として、

SNSでやり取りできてしまうこの時代にあって、手紙を使った物語は現代においては不可能だと思っていましたが、ある日それを可能にするアイディアを思いついてしまったところからこの物語の構想がスタートしました。

と話しています。

 

基本情報・製作スタッフ

ラストレター 岩井俊二

ラストレターの岩井俊二監督

公式サイトより、監督・原作・脚本・編集:岩井俊二

原作は、先頬からお話ししている通り、岩井俊二監督で、文春文庫から「ラストレター」として出ています。

そして、監督・脚本・編集のすべてを自身で行っています。

音楽は、世に出したCDの売り上げ枚数が1億枚を超える小林武史で、主題歌の「カエルノウタ」がいいですよね^^

歌詞がこれまた岩井俊二で、作曲が小林武史、そして歌っているのは、森七菜です。

歌い手は候補として多くのアーティストが挙げられていたようですが、試しにと歌った森七菜が一番良かったみたいです^^

確かに、良い感じの雰囲気を出してくれる歌い方だと思いますし、気に入りました^^

映画と主題歌が合うとヒットの予感^^

公開日は、2020年1月17日(金)で、制作プロダクションは、東映映画、ロックウェルアイズとなっています。

 

映画ラストレターのキャストは?中心人物を画像付きでご紹介!

ラストレターの見どころは、主演の松たか子や福山雅治もさることながら、2016年から芸能活動した森七菜に期待!

その他のゲストキャストも素晴らしい俳優ばかりなので、ラブストーリーの世界に心から入り込めそうです。

では、ゲストキャストはどんな俳優なのかを画像付きでご紹介していきます。

 

松たか子(役:岸辺野裕里)

ラストレター 松たか子

ラストレター主演の松たか子

松たか子のオフィシャルサイトには、ラストレターへの出演が2018年8月3日に出されています。

岩井監督の作品への出演は、自身が初主演映画となる『四月物語』以来で、約20年ぶりになるようです。

仙台・宮城の夏を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まった2つの世代のラブストーリーを、主人公の岸辺野裕里として、それぞれの心の再生と成長を松たか子ならではの表現で演じています。

最近の2017年に5年ぶりにドラマ出演した「カルテット」で高い評価を受けています。

演技力は素晴らしいですよね^^

 

役どころ・あらすじ

夫と子供二人の四人暮らしでしたが、姉・遠野未咲を亡くし、葬儀で未咲の娘、鮎美と再会します。

そして、未咲の死を伝えるために未咲の同窓会に出席するが、未咲と間違えられ、未咲の死を言えず、初恋の相手・乙坂鏡史郎と再会します。

鏡史郎は未咲と勘違いしたまま(小説とちょっと違う?)、「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」というメッセージを!

裕里は複雑な思いを抱きながらも、夫に知られないように返信先のない手紙を初恋の相手に送ります。

 

福山雅治(役:乙坂鏡史郎)

ラストレター 福山雅治

ラストレター主演の福山雅治

画像の通り、歌手です^^

昔は、福山雅治のオールナイトニッポンなどラジオも良く聞いていましたが、最近はドラマや映画での活躍が目立ちますね^^

独特の雰囲気のある二枚目俳優としてのイメージがありますので、ラブストーリーの映画「ラストレター」にぴったしではないでしょうか。

二枚目でなんでもできちゃうマルチ性がすごいです。

写真家でもあり、音楽プロヂューサーをやったり、テレビ番組も、スポーツに教養にバラエティまで、なんでもこなすマルチ人間ですね^^

役どころ・あらすじ

同窓会で、好きだった未咲と間違えて裕里と再会します。

裕里を未咲と勘違いしたまま、「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」というメッセージを送る。

裕里から届いた手紙に返信先がないので未咲の実家に手紙を送ることに。

既に亡くなった未咲の代わりに未咲の娘の鮎美が受け取る。

 

広瀬すず(役:遠野鮎美)(回想シーン役:遠野未咲)

ラストレター 広瀬すず

ラストレター出演の広瀬すず

たまに、えっ!この人だれ?と思うことがあるくらい、いろんな広瀬すずを見ることがあります。

私だけでしょうか?

本当に別人に見えるときがある(笑)

姉のアリスはいつ見てもアリスです^^

セブンティーン2012のグランプリに選ばれ、専属モデルとして芸能界デビューですね。

個人的には、テレビドラマ初主演となった学校のカイダンの印象が強いです。

まだちょっと素人っぽい演技でしたが・・・

その時も、神木隆之介との主演でしたね。

今回は、どんな広瀬すずが見れるのでしょうか?

 

役どころ・あらすじ

30年前の遠野未咲の役では、学校のヒロイン。

乙坂鏡史郎が自分に恋をしていることを知らずにこの世を去る。

二役目は、遠野未咲の娘、鮎美のです。

母の未咲を亡くしてから、鏡史郎が裕里を未咲と間違ったまま未咲の実家に送った手紙をみることに。

気持ちが沈んでいた鮎美は、鏡史郎の学生時代の思い出が書かれている手紙に返事をし、鏡史郎との文通を始める。

 

森七菜(役:岸辺野颯香)(回想シーン役:遠野裕里)

ラストレター 森七菜

ラストレター出演の森七菜

高校生の時に地元の大分でスカウトされ、2016年WebCMでデビュー!

その後、「東京ヴァンパイヤホテル」で女優デビュー!

「心が叫びたがってるんだ。」で映画デビュー!

そして、「天気の子」ではヒロインとして注目!

その他、多数のドラマや映画に出演して大活躍中!

今回の映画「ラストレター」でも、森七菜の魅力的な演技がみられます。

さらに人気が出そうです^^

なんといっても、主題歌を歌う森七菜の素直な声に魅力を感じます。

つまり、今回は歌手デビュー!となりますね^^

 

役どころ・あらすじ

回想シーンでは、高校性時代の遠野裕里役。

裕里は先輩の乙坂鏡史郎に恋をする。

乙坂は姉の未咲に恋をしており、姉に渡してと手紙を裕里に渡す。

しかし裕里は、姉の未咲には渡さない。

そして、乙坂に一通の手紙を渡す。

30年後の岸辺野颯香役では、乙坂鏡史郎からくる未咲宛ての手紙を見ることに。

鮎美と共に未咲になりすまして手紙を書く。

 

大注目キャストは?

何といっておすすめの大注目キャストは、森七菜さんでしょう。

2016年にデビューしてからの実績と評判からして、2019年はブレイク中で、2020年は大ブレイクって感じ^^

2019年から既に、演技が上手いとか、オーディションに強いとか、ブレイク間違いなしと言われてきていますが、その好かれる理由が人相にも出ていますね^^

顔をよくよく見てみると、左目の涙袋にホクロが!

ラストレター 森七菜ホクロ

森七菜の涙袋のホクロ

ここにホクロがある人は、見た目的に魅力があると言われ、モテる人が多いですね。

直観力に優れ、感受性が高く涙もろいとも言われ、女性は愛情運がいいそうです。

好かれるタイプなんでしょう。

性格もかなり明るそうで、頑張り屋のようですしね^^

オーディション最強説が分かる気がします。

そうそう、今回のラストレターも100人以上の激戦を勝ち取ったそうですから、これからも楽しみですね^^

そうなると、必ずアンチファンが出てきますが、何れファンにしてしまう人が大スターとなるんでしょうね。

 

福山雅治さん出演ドラマ・映画は何が視聴できる?

福山雅治VOD

👉ドラマ・映画を無料で視聴!

福山雅治さんの出演しているドラマ・映画をまとめて観たい人!は注目です^^

日本最大級の動画配信サービスで、見放題作品数No.1!

(2019年12月時点ですので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さいね!)

コンテンツの充実度は他社サービスを圧倒していて、ないエンタメがない!

他のサービスに比べて、最新ドラマの配信開始数が多い!のも特徴です。

ブルーレイやDVDより早く配信されることもあるので、少しでも早く観たい人におすすめ!です

ジャンルは洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティや、書籍やコミックなど電子書籍やMUSICにも対応!

U-NEXT

そして今なら、見放題作品140,000本の31日間無料お試しキャンペーンをやっています!

31日以内の解約なら本当に無料でしたよ^^

 

U-NEXT利用者の感想・評判は?

U-NEXTツイッター

 

U-NEXTツイッター

👉U-NEXT公式HPはこちら👈

 

まとめ

今回は、映画「ラストレター」のキャスト一覧を画像や相関図を用いてご紹介しましたが、いかがでしたか?

キャストのご紹介では、あらすじとして一部ネタバレも含まれますが、キャスティングはぴったしで豪華ですね。

既に小説を読まれた方は、映画のラストレターで更なる感動を味わえるでしょう。

小説があることによって、文字から伝わってくる画像と、映像から伝わってくる思いや言葉を想像して楽しめます。

相関する関係図を把握して、いろいろイメージを膨らませて映画を見ると、より映像から伝わる岩井俊二監督のラブストーリーを楽しめると思います。

今回の映画「ラストレター」は、ヒット間違いなし!

いろいろ考えさせられ、胸がいっぱいになるのではないでしょうか。

おすすめする映画の一つです。

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

50代後半になってからブログで新たな人生を楽しんでいます。 新しいものがどんどん出てきて、まだまだ知らないことがいっぱいあります。 もっといろんなことをやりたいんで、皆さんいろいろ教えて下さいね^^ そして、楽しみましょう!