ラストレター映画ネタバレ結末!ラストシーンで最後に泣ける!

ラストレター思い出
Pocket

今回は、ラストレター映画がまだ公開されていませんが、原作小説からの結末のネタバレです^^;

ラストシーンで、数々の手紙に込められた思いを考えると、いろいろ想像し、最後に泣けると思います。

長い年月を遡り、人生を感じさせてくれる映画になっているのではないでしょうか。

そして、このラブストーリーの結末そのものがラストレターなんだと思います。

最後のラストシーンでは、自分の人生に落とし込んで考えさせられ、泣ける結末となるのではないでしょうか。

ネタバレなので、ご注意を頂き、最後までお付き合いをお願いいたします^^;

 

映画ラストレターのネタバレ結末!

先ずは登場人物の相関図を見ないと分からないと思いますので、こちらの前回のブログ記事もご紹介いたします。

そして、前回のブログ記事で、あらすじ(ネタバレ?)をご紹介いたしましたが、今回は結末を掘り下げてみたいと思います。

なので、前回のブログでのあらすじを確認いただけると、分かりやすいかと思います^^

 

後半のあらすじとネタバレ

ラストレター場面

乙坂鏡史郎が、遠野未咲の実家に案内され、恋人だった未咲の遺骨と遺影が祭壇に据えられているのを見る場面ですが、案内してくれた未咲の娘の鮎美と裕里の娘の颯香に席を外してもらい、一人で未咲の遺影の前で泣くシーンがあります。

乙坂は、自分がなにもできなかったことを悔やみ、未咲に対し申し訳ない気持ちでいっぱいだったのでしょう。

そして、ふと、小さな書棚にある小説「未咲」を見つけます。

乙坂は、颯香がドアの隙間から覗いていることに気づき、小説のことを聞きます。

すると鮎美は、それを読んでいたため、乙坂の小説で、最初に乙坂から未咲宛てに手紙が届いた時から気づいていたことを話します。

 

泣けるシーンのネタバレ

ストーリーの途中にも胸が熱くなるシーンがありますので、以下は、その泣けるシーンのネタバレです。

乙坂は、鮎美から古い靴箱に入った古い封筒の束を渡されます。

鮎美は、そこに書かれている内容は、小説「未咲」と同じだと言います。

乙坂は、未咲に小説を読んでもらいたく、その手紙を送り続けたことを話します。

鮎美は、母は、それを何度も読み、宝物にしていたこと、母に対する愛情がすごく伝わると言う。

そして、「あなたがお父さんだったらよかったのに!」と、鮎美の瞳に大粒の涙が・・・・

乙坂は、鮎美のその姿に、過去に未咲を泣かせてしまった大学時代を思い出し、隣で泣いている颯香を見て、中学時代に裕里を泣かせてしまった出来事を思い出す。

乙坂の人生のいろんな記憶が走馬灯のように駆け巡る場面ですね。

人生の奇遇さを感じ、乙坂も二人の前で泣いてしまいます。

感動の場面であり、人生を考えさせられる場面でもありますね。

そしてこれは、予告でも公開されているネタバレですね^^

 

映画ラストレターで感じるもの


人生は人それぞれですが、自分の人生を振り返る機会を与えてくれる映画ではないでしょうか。

単なるラブストーリーでなく、人によって捉え方が変わる映画であるかもしれませんね。

感動がなければ、薄っぺらいストーリーに思える人もいれば、映画に描かれているストーリー以外まで深く掘り下げる人もいるでしょう。

もしかしたらそれぞれの人生経験に応じて、感じ方が大きく異なってくるかもしれませんね。

まぁ、ラブストーリーですから・・・

もし、映画館で泣いている人がいたら、恋に苦労したんだろうなぁ・・・と^^;

 

映画ラストレターのラストシーンで最後に泣ける!

ラストレター答辞

乙坂は、これらのことを小説にしようと、いろいろ取材をします。

そして、小説「未咲」の後日談として物語を書きます。

これが、未咲に宛てた最後の手紙(ラストレター)ということなのでしょうか。

そいて、原作小説の序文に書かれている、亡き未咲に宛てた最後のラブレターなのでしょう。

 

ラストシーンでも泣ける?


最後に、鮎美が母の遺言として「母より」「鮎美、瑛斗へ」と書かれた手紙を見せてくれます。

そこには、あの卒業式で一緒に考え、未咲が言った答辞の原稿が入っています。

再び、こちらのブログ記事の答辞の部分をご参照願いますね。

ここはラストレターそのものネタバレとなりますが、いかがですか?

いろいろな人生があると思いますが、未咲は二人の子供に何を伝えたかったのか?

人それぞれいろんな考えが浮かぶと思います。

それこそ、その人の人生経験からの考えでしょうし、その答えは、未咲本人にしか分からないでしょう。

そして、乙坂もその答えが分からない。

おそらく決して分からないでしょう。

 

最後に胸いっぱいとなって泣けます


では、なぜそれを二人の子供に渡したのか?

もしかしたら託したのかもしれませんね?

乙坂に渡してほしいと・・・

あなたのことをずっと忘れず思っていましたと・・・(涙)

もしかしたら、乙坂が未咲のふりをしていた裕里に送ったメッセージと同じように、未咲が「あなたに、まだずっと恋してるって言ったら信じますか?」と言いたかったのかもしれません。

 

完璧なるラブストーリーです。

ただこれは、あくまでも個人的見解です^^;

あなたは、どう思いましたか?

 

まとめ


映画ラストレターの結末のネタバレでしたが、いかがでしたでしょうか?

ラストシーンでは、それまでの数々の手紙に込められた思いを考えさせられてしまいます。

そして最後に胸がいっぱいになって泣ける結末!

人生を感じさせてくれます。

映画そのものがラストレターなんですね。

人生経験が豊富な方で、自分の人生とはまっちゃうと、映画が終わってからも泣けるラストシーンとなるのではないでしょうか。

でもネタバレなのでご注意を! って、もう遅いですけど・・・

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

50代後半になってからブログで新たな人生を楽しんでいます。 趣味は、ジャズでトラペットを吹くこと^^ 今も社会人バンドで活動を続け、いろんなイベントに参加させていただいています。 ずっと皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思っていますが、定年退職したら、もっといろんなことをやりたいですね。