「恋あた」森七菜に注目!キャスト画像と一覧や相関図をご紹介

この恋あたためますかキャスト相関図

ドラマ「この恋あたためますか」主演の森七菜さんが注目です。

「恋あた」とも呼ばれているますが、オリジナル脚本のドラマです。

原作があるのではと言われていますが、どんなキャスト一覧でどんな相関図となるのか?

注目されている森七菜さんのほか、強力なキャスト陣を詳しく調べ、一覧と相関図や画像などでご紹介していきます。

 

「恋あた」森七菜に注目!

「この恋あたためますか」はTBSの火曜ドラマで10月スタートです。

ドラマの最初の公表は、ほとんどが主演が誰かです。

で、発表された主演は、森七菜さんと中村倫也さん!

そして、注目されているのは、森七菜さんです。

 

ドラマのあらすじ

「この恋あたためますか」のあらすじは、

アイドルになれず、コンビニチェーンでアルバイトをする主人公の井上樹木を演じる森七菜。

SNSに趣味で大好きなコンビニスイーツの批評をしている。

その批評を見たコンビニの社長の浅羽拓実を演じる中村倫也。

樹木をスイーツ開発に加え、スイーツ開発をしていく。

2人は対立しながら次第に意識していくラブストーリー。

 

製作スタッフ

脚本は、神森万里江、青塚美穂

プロデュースは、中井芳彦、黎れい、景怡けいい

演出は、岡本伸吾、坪井敏雄

何故か、原作は明確にされていません。

脚本が先だったのか?

 

キャスト画像と一覧や相関図をご紹介

ラブストーリーなので、今ほどご紹介したように主演は男女の2人。

その、森七菜さんと中村倫也さんも含め、キャストを調べてご紹介して行きます。

 

最新キャスト一覧

キャスト 役どころ
森 七菜
役:井上 樹木
(いのうえ きき)
コンビニ「ココエブリィ」のアルバイト店員で主人公
中村 倫也
役:浅羽 拓実
(あさば たくみ)
「ココエブリィ」本部の社長(出向者)
仲野 太賀
役:新谷 誠
(しんたに まこと)
スイーツ専門会社「ドルチェキッチン」の社員
石橋 静河
役:北川 里保
(きたがわ りほ)
「ココエブリィ」商品部スイーツ課の社員
飯塚 悟志
役:上杉 和也
(うえすぎ かずや)
樹木のアルバイト店舗の店長
古川 琴音
役:李 思涵
(リ・スーハン)
樹木と同じコンビニの中国人アルバイト
山本 耕史
役:神子 亮
(かみこ りょう)
「ココエブリィ」本部の専務
市川 実日子
役:一岡 智子
(いちおか ともこ)
「ココエブリィ」商品部スイーツ課の課長
佐藤 貴史
役:三田村 敦史
(みたむら あつし)
「ココエブリィ」商品部スイーツ課の社員
長村 航希
役:土屋 弘志
(つちや ひろし)
「ココエブリィ」商品部スイーツ課の社員
中田 クルミ
役:藤野 恵
(ふじの めぐみ)
「ココエブリィ」商品部スイーツ課の社員
佐野 ひなこ
役:石原 ゆり子
(いしはら ゆりこ)
樹木のアルバイト店の常連客
利重 剛
役:都築 誠一郎
(つづき せいいちろう)
浅羽の出向元会社の上司

 

キャストを画像で紹介

注目の森七菜さんの他、追加キャストも徐々に公表されてきています。

どんな俳優やタレントなのか調べ、画像を用いてご紹介していきます。

 

森七菜の紹介と役どころ

生年月日:2001年8月31日(19歳)
出身:大分県(出生は大阪府)
身長:154 cm
血液型:A型

2016年から活動していて、オーディションに強いと評判。

ドラマ、映画、声優と、次々とその才能に注目されています。

「ラストレター」では、歌手も初体験。

今回の役どころの井上樹木は、アイドルになる夢が破れ、無気力にコンビニでアルバイトをする21歳という設定です。

ドラマの主演も初体験になるのかな?

 

中村倫也の紹介と役どころ

生年月日:1986年12月24日(33歳)
出身:東京都
身長:170cm
血液型:A型

2005年から活動していて、ドラマや映画での主演はたくさんあります。

TBS系での出演は昨年の「凪のお暇」以来です。

直近では、日本テレビ系「日曜ドラマ」枠で「美食探偵 明智五郎」の主演でしたね。

森七菜さんとは、初めてのようです。

今回は、コンビニ業界最下位の改革として社長を任され、樹木の作るスイーツで、改革とともに自らの成功をしようとする浅羽拓実という役どころです。

 

仲野太賀の紹介と役どころ

生年月日:1993年2月7日(27歳)
出身:東京都
身長:168 cm
血液型:A型

活動は2006年からで、お父さんが中野英雄さんです。

直近では、「今日から俺は!!」のテレビドラマと劇場版での今井勝俊役が印象的です^^

今回の「恋あた」では、四角関係の一人である新谷誠という役どころです。

樹木(森七菜)と共にスイーツ開発をする中で恋が芽生えるのかが注目ポイントです。

 

石橋静河の紹介と役どころ

生年月日:1994年7月8日(26歳)
出身:東京都
身長:163 cm

石橋凌さんと原田美枝子さんの次女で、姉は優河さん。

2015年から活動し、2017年の映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の主演で多数の受賞をしています。

「恋あた」では、森七菜さんの相手役となる中村倫也さんとの関係性を演じる北川里保という役どころです。

 

飯塚悟志の紹介と役どころ

生年月日:1973年5月27日(47歳)
出身:千葉県
身長:170cm
血液型:O型

1994年から活動し、2003年からはお笑いトリオの東京03のリーダーとして活躍。

単独の活動でも、レギュラー番組の他、映画やドラマなどに出演しています。

「恋あた」では、定評のある子芝居で、樹木(森七菜)のアルバイト先の店長(上杉和也)という役どころです。

 

古川琴音の紹介と役どころ

生年月日:1996年10月25日(23歳)
出身:神奈川県
身長:161 cm

2018年2月からの活動で、2020年の『蒲田前奏曲 第1番「蒲田哀歌」<大過去>』で主演を務めています。

連続テレビ小説『エール』では、古山華 役で出演します。

今回のドラマでは、森七菜さんと同じ店舗の中国人アルバイトの李思涵を演じます。

 

山本耕史の紹介と役どころ

生年月日:1976年10月31日(43歳)
出身:東京都
身長:179 cm
血液型:B型

配偶者は、堀北真希さんです。

1976年生まれで1977年から赤ちゃんモデルとして活動。

10歳で舞台デビューし、数多の役どころを演じてきています。

今回は、コンビニチェーン本部専務の神子亮を演じます。

 

市川実日子の紹介と役どころ

生年月日:1978年6月13日(42歳)
出身:東京都
身長:169cm
血液型:A型

姉は、市川実和子さん。

1994年から活動し、テレビドラマの出演数が多いです。

昨年の「凪のお暇」に引き続き、今回の「恋あた」でも中村倫也さんと共演となります。

「ココエブリィ」商品部スイーツ課の課長の一岡智子という存在感のある役どころを演じると思われます。

 

佐藤貴史の紹介と役どころ

生年月日:1974年12月17日(45歳)
出身:栃木県
身長:168 cm
血液型:A型

1998年からお笑いタレントとして活動したが、翌年に解散し、俳優を始めています。

演劇が主ですが、バラエティ番組の他、声優やドラマでも活躍しています。

「恋あた」では、三田村敦史という「ココエブリィ」商品部スイーツ課の社員を演じます。

 

長村航希の紹介と役どころ

生年月日:1994年1月17日(26歳)
出身:愛知県
身長:169.7 cm
血液型:A型

2003年に劇団四季のミュージカル『ライオンキング』のヤングシンバ役でデビューしています。

その後、映画やドラマに多く出演しています。

今回は、本社スイーツ課所属の土屋弘志という役どころです。

 

中田クルミの紹介と役どころ

生年月日:1991年12月21日 (28歳)
出身:栃木県
身長:168cm
血液型:O型

テラスハウスに出演していた中田みのりさんは、実妹。

モデルで活躍していますが、DJもやっているようです。

今回は、新規に「ココエブリィ」スイーツ課勤務のOLの藤野恵役を演じます。

 

佐野ひなこの紹介と役どころ

生年月日:1994年10月13日(25歳)
出身:東京都
身長:160 cm

2013年にグラビアでデビュー。

翌年からドラマにも多数出演しています。

今回は、森七菜さん演じる樹木のアルバイト店の常連客として出演します。

 

利重剛の紹介と役どころ

生年月日:1962年7月31日(58歳)
出身:神奈川県
身長:178 cm
血液型:B型

現在の配偶者は、今野登茂子さん。

母は「3年B組金八先生」の脚本家の小山内美江子さんで、高校生の時に助言をしていたそうです。

その後、自主製作映画に始まり1996年に日本映画監督協会新人賞を受賞し、ドラマにも数多くの出演をしています。

今回の「恋あた」では、名バイプレイヤーとして浅羽の出向元の上司、都築誠一郎を演じます。

 

相関図

恋あた相関図

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ドラマ「この恋あたためますか」主演の森七菜さんが注目ということで、キャストの一覧や相関図を画像を用いてご紹介してきました。

「恋あた」とも呼ばれるるオリジナル脚本のドラマということで、これからも新キャストが公表されるかもしれません。

その時は、一覧や相関図も画像ごと見直して、再度紹介していきますね。

そして、注目すべき主演の森七菜さんの演技に期待しましょう。

それでは、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。