シャープマスク何回抽選会ある?一度の応募で2回目は不要を発表

シャープマスク抽選

シャープマスクが抽選会方式に変更となり、第1回目は1日限りの応募でした。

案の定、一度ではアクセスできず応募をあきらめた人も多くいたようです。

この後も2回目の案内がされるようですが、何回あるのでしょう?

シャープマスクのサイトをみてみると、一度の申し込みで、2回目以降は不要となっていましたが、全員の手に届くようになるにはいつまで抽選会があるのでしょう?

時間がかかり過ぎると、それこそ買う必要がなくなり不要となりそうです。

そんな疑問について、考察して、ご紹介していきます。

 

シャープマスク何回抽選会がある?


シャープマスクの応募者が、4,706,385人と公式サイトに載っていました。

でも、当選するのは40,000人です。

当選確率低すぎですね(T_T)

興味本位で応募した人はいないと思うので、全員が手にすることはできるのでしょうか?

 

応募者全員がシャープマスクを買えるのはいつ?

【マスク】最新情報

>>Amazonで見る<<

>>楽天市場で見る<<

>>ヤフーで見る<<

第2回目の応募と抽選日がまだ発表されていませんが、どれくらいの感覚で40,000箱の提供ができるのかで決まってくると思います。

もしかしたら2回目は30,000箱にもどるかも知れませんけど、このまま40,000箱で2回目以降も抽選をしていくと仮定するとどうなるのか考えてみます。

ただ、1回目で申し込みができなかった人がどれくらいいるのかが分かりませんので、それを考慮しなくても単純計算だと、4,706,385人÷40,000人で、118回の抽選会が必要です。

次回の抽選が行われるまでの日数が、仮に1週間だったとすると、118回×7日で、826日Σ(゚Д゚)

2年以上かかりますね^^;

 

2回目の応募者は何人ぐらい?


1回目の応募者でさえ全員が手にするまで、とんでもない日数が必要なのに、2回目の応募者の扱いはどうなるんでしょう?

1回目に応募した人が優先されることは無いと考えられますので、苦労して申し込んだ人はお疲れさまでしたって感じですよね^^;

ほんとに、2回目の申し込む人は何人ぐらいいるのか注目ですね。

 

シャープマスクの抽選会は他のマスクの流通次第

当然ですが、シャープマスクだけでは重要に対応できるものではありません。

新型コロナウイルスが終息し、市場にマスクが出回れば、はっきり言って買い求める人は激減するでしょう。

なので、応募した人も、他で手に入れば当選したとしても買わない人が続出すると思います。

そんなことを考慮せず、シャープマスクを作り続け、そして応募と抽選会を何度もやるとは考えられません。

 

シャープマスク一度の応募で2回目は不要?


シャープマスクのサイトには、応募の負荷を低減するためだと思いますが、次回の抽選会に新たに応募する必要はないとされています。

ということは、途中で買う意思が無くなった方の権利も有効のまま、抽選会をすることになります。

例えば、1カ月経って市場にマスクが流通し始めたとすると、何が起きるのか?

シャープマスクを40,000箱用意しても、購入手続きをしない人がどんどん増え、再度抽選で当選者を選ぶ、更にその人も購入しなければ、更に抽選をする。

なんか面倒!

 

最後は最初の早いもの勝ちの方法にもどる?


どこかの時点で、数の調整をすることは無くなると予想します。

供給できるシャープマスクは、残り何個です!となり、早い者勝ち!という最初の方法に戻る気がします。

まぁ、その時にどれだけの人の需要があるかですね。

 

まとめ

今回は、シャープマスクが抽選会方式に変更となり、第1回目の1日限りの応募について考えてみました。

案の定、一度ではアクセスできず応募をあきらめた人も多くいたようです。

この後も2回目の案内があるようですが、何回の抽選会があるのかは、おそらくそんなに無いと予想します。

シャープマスクのサイトをみてみると、一度の申し込みで、何回もしなくてよく、2回目以降は不要となっていましたが、当選しても買わない人が続出してくると思います。

時間がかかり過ぎると、それこそ買う必要がなくなり不要となりそうです。

1回目で当選した人はラッキーそのもので、当たらなかった人もこの後の状況によっては、ラッキーかもしれませんね(笑)

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました。