ファーストサマーウイカの名前の由来は同じ意味の繰り返し?

初夏

ファーストサマーウイカの名前の由来は同じ意味の繰り返しだった!

大阪弁で話すファーストサマーウイカってどこの国の人?

そんな疑問が、なんだそうだったんだと、すっきりしました。

名前の由来は、寺門ジモンさんと同じ意味の繰り返しだったようです。

と聞いたら、分かります?

同じ意味の繰り返しを説明しますね。

 

ファーストサマーウイカの名前の由来


最近、話題となっているファーストサマーウイカさんですが、初めて見た時は、どこの国の人って思いました^^

しゃべると、大阪弁だし(笑)

名前に混乱させされましたが、その名前は、覚えてもらうために考えて付けたようです。

 

覚えてもらうための考え方


名前を覚えてもらうために、考えたことは、同じ意味の言葉を繰り返すことだったとか。

その手本が、「寺門ジモン」

寺門をジモンと読めるので、同じことを繰り返しているということですね。

今まで、気にもしていなかった^^;

 

同じ意味の繰り返し?


で、「ファーストサマーウイカ」は、何の同じ意味が繰り返しているのか?

ちょっとクイズみたいですね(笑)

もともとの芸名でもある本名の名前の部分の「初夏」だったんですね。

といったら、分かりましたか^^

 

ファーストサマーウイカの名前の説明


そう!

ファーストは、最初

サマーは夏

ファーストサマーで、初夏

そして、初夏は「ういか」と言うこと。

つまり、初めての夏という意味を、2回繰り返したということだったんです。

聞いてしまえば、「なんか単純」って思いますが、ずっと気になっていませんでしたか?

 

まとめ


今回は、ファーストサマーウイカさんの名前の由来は、同じ意味の繰り返しだったことをご紹介してきました。

同じ意味の繰り返しとは、「初めての夏」の意味の繰り返しでした。

英語で、ファーストサマー!

そして、同じ意味として、カタカナで、ウイカ!

これえ、スッキリですね(笑)

それでは、サヨナラ^^;