ブサコパレスはポルトガルのどこでいくらのホテル?宿泊できる宮殿の魅力とは!

ブサコパレス
Pocket

ブサコパレスってご存知ですか?

ちょっとユニークな名前という感じがしますが、実は、ポルトガルにある魅力ある宮殿ホテルなんですね。

では、どこにあるのでしょう?

そして、いくらで宿泊できるのでしょう?

ということで、ブサコパレスが、ポルトガルのどこの地域にある魅力ある宮殿ホテルで、いくらで宿泊できるのかを調べてみました。

 

ブサコパレスとはどんなホテル?


ケイジとケンジの第1話でも話題として出てきたブサコパレスホテル(Bussaco Palace Hotel)ですが、どんなホテルか知っていますか?

人気度がかなり高く、おすすめのホテルとなっています。

日本からのツアー客や個人客も多いようですよ。

とてもきれいなホテルなんですが、ブサコパレスとはどんなホテルなのかご紹介して行きますね。

 

プサコパレスはポルトガルにある美しい宮殿ホテル!

ブサコパレスは、ポルトガルにある宮殿ホテルなんです。

19世紀に建造されたポルトガル国王の離宮で、狩猟をするための宮殿です。

今は、ホテルに改装されて、普通に一般客も宿泊ができ、全部で60室あるようです。

つまり宮殿に宿泊できる高級感覚が売りのホテルとなっているようです。

 

ブサコパレスの食事とワインが高評価

ブサコパレス料理 ブサコパレス_ワイン

ブサコパレスの特徴として食事とワインがあるようです。

レストランもシャンデリアなど豪華な雰囲気の中で楽しむことができます。

料理は郷土料理や見た目はフランス料理?

そして、今もブランドとなっているワインが超おすすめのようです。

このホテルで醸造されているレゼルバ・ワインで、ここだけの貴重で希少価値が高いワインですね。

別世界の雰囲気で楽しめそうです。

 

ブサコパレスはポルトガルのどこでいくらで泊まれる?


ブサコパレスは、ポルトガル にあるのですが、ブサコ国立公園の中にあります。

熱帯植物が植えられた森という変わった国立公園です。

なぜ、熱帯植物があるのかと言うと、ヨーロッパの主にポルトガルとスペイン人がアフリカやアメリカ大陸、アジアなどに大航海をしていた時代(16世紀前後)に、持ち帰ってきて植えたそうです。

公園内には教会などもぽつぽつとあり、舗装された道で繋がっています。

もともと、このブサコパレスとなった宮殿の場所にも協会が建てられていたそうです。

なので、ホテルで宮殿を満喫し、外では広大な国立公園を散歩できるという観光になりますね。

夫婦やカップルにおすすめの宮殿ホテルとなる場所にあります。

 

ブサコホテルへのアクセス方法は?


ここへは、どうやって行けばよいのでしょう。

ポルトガルの首都リスボンに「ウンベルト・デルガード空港がありますが、日本からの直行便はないですね。

でもヨーロッパ各地からの便が就航しています。

いろいろ方法はありますが、成田→ロンドン→リスボンで、ポルトガルに入るのが多いようです。

リスボンからコインブラに電車で行き、バスやタクシーでブサコホテルに行けます。

或いは、メアリャーダ駅まで行き、タクシーでホテルに行く方法もあるようです。

その場合は、ホテルに電話をしてタクシーの配車をしてもらうと良いようです。

 

ブサコホテルはいくらで泊まれる?


ホテルなので、時期によって値段の変動があります。

二人で泊まる場合、ほとんどが一人当たり14,000円台からですが、お得な時期のプランだと12,000円前後からとなっています。

人気な時期だと30,000円以上からとなることもあるようです。

12,000円前後で宿泊できるのであれば、結構お得感があるホテルと言えますね。

 

まとめ


今回は、ポルトガルのブサコパレスとは、どこで、いくらで宿泊できるのか気になったので調べてみました。

どこにあるかと言うと、ポルトガルの国立公園内にある魅力ある宮殿ホテルでしたね。

宮殿ホテルの周りの広大な国立公園内には、熱帯植物や教会などがあり、散策するのも楽しめます。

そして、ブサコパレスにいくらで宿泊できるかは、かなりお得感のある金額で利用できることも分かりました。

料理も良く、ここでしか飲めないワインがなんといっても魅力ですね^^

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

50代後半になってからブログで新たな人生を楽しんでいます。 趣味は、ジャズでトラペットを吹くこと^^ 今も社会人バンドで活動を続け、いろんなイベントに参加させていただいています。 ずっと皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思っていますが、定年退職したら、もっといろんなことをやりたいですね。