トイレットペーパー買い占め意味ない?デマ騒動で供給大丈夫

トイレットペーパー不足

社会に危機感が出てくると、なぜか生活用品を買い占めるという話題が出てきます。

今回の新型コロナ騒動もトイレットペーパーを求める人続出です。

トイレットペーパーを買い占めることは意味ないと思う人も、デマだと聞いたとしても、売り切れを見ると供給が大丈夫なのか心配になりますよね。

デマが出るほど危機感があるということだと思います。

意味ない騒動に惑わされない大丈夫な情報は何なのか?

供給に問題はないのかなど、調べていきたいと思います。

 

トイレットペーパー買い占め意味ない?


新型コロナの影響で、なぜかトイレットペーパーが供給不足で品キレになるという話題が出ました。

たしかに企業の生産にも影響が出始めていますので、トイレットペーパーが 供給不足と言われると、そうなのかなと思いますよね。

でも、デマ情報だと言われても買う人はたくさんいるのも残念ですね。

 

 

トイレットペーパー不足はデマ騒動で供給大丈夫!

トイレットペーパーが店頭から一時的に消えましたが、供給ができないからでなく、買い占める人がたくさん出たからのようです。

流石に、多くの人が一気に買い占めると、商品が店頭から消えますね。

それを見て、供給不足だと焦らないようにして、正しい情報を聞くようにしたいものです。

 

その後のオモシロ追記情報

無くなったトイレットペーパーをびっくりするほど大量に仕入れ、棚に陳列したところ、誰も買わなくて売れ残ったようです(笑)

つまり、人間の心理として、あまりにも大量のトイレットペーパーを見て、いつでも買えると判断し、買わないのですね^^

商品がないと心配になり、競争して買いあさるという笑える人間の特性ですね^^;

 

 

まとめ

今回の新型コロナ騒動でもトイレットペーパーを求める人続出しました。

トイレットペーパーを買い占めることは意味ないと思っても、デマだと分かっていても、多くの人が買い占めるということが分かりました。

店頭から一時的でもなくなると、供給が大丈夫なのか多くの人が心配になったようです。

今後は、デマなど意味ない騒動に惑わされないように、信頼できる情報は何なのかを見極める必要がありますね。

今回は、供給は問題なく大丈夫だと分かりましたので、心配無用で良かったです。

そしてやっぱり大量に供給されたのを見て皆さん安心したようですね^^;

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。