長野えびす講煙火大会2019プログラム

Pocket

長野えびす講煙火大会2019年版のプログラムなどのまとめです。
概要から見どころ、アクセス方法と注意事項などをご紹介しています。
長野えびす講煙火大会は最も遅い時期の煙火大会プログラムで、11月23日となっています。
とにかく寒いので、準備万端で出かけましょう^^

 

長野えびす講煙火大会のアクセス

昨年まで無料の駐車場を用意していましたが、2019年より無料駐車場は用意されていません。車で行く場合は、長野駅周辺または中心市街地にある有料駐車場(長野まちなかパーキング)等を利用することになります。
長野駅東口からはビッグハットまでのシャトルバスが運行されます。料金は大人200円/子供100円ですが、消費税10%より改定されるかもしれません。
おすすめは、長野駅東口から徒歩で開場まで行くのが良いでしょう。約2.8kmで20~30分ぐらいかかります。

開場までのアクセス

開場案内図

 

鉄道利用

・東京⇒長野:北陸新幹線
(最短90分)

・名古屋⇒長野:中央線特急しなの
(約2時間50分)

・上越妙高⇒長野:北陸新幹線
(約20分)

 

車利用

・東京⇒藤岡JCT:関越自動車道
藤岡JCT⇒長野:上信越自動車道
(約2時間30分)

・名古屋⇒岡谷JCT:中央自動車道
岡谷JCT⇒更埴JCT:長野自動車道
更埴JCT⇒長野:上信越自動車道
(約3時間)

・上越⇒上越JCT:北陸自動車道
上越JCT⇒須坂長野東:上信越自動車道
(約1時間)

 

交通規制

退会当日は、広範囲にわたって交通規制が行われます。
打ち上げ開場付近と犀川の反対側の堤防道路が歩行者専用道路となります。また、駐車禁止や進入禁止場所があり、会場近くには駐車場もありませんので、車で来るのは避けましょう。
車両通行止め時間帯は、北側の堤防道路が16:00~21:00、南側は、17:30~20:30です。

 

渋滞情報

広範囲にわたって交通規制が行われますので、規制区域外でも渋滞が発生いたします。車利用の方は、規制が始まる16:00前までに駐車場などに止めることをお勧めします。

 

駐車場

長野まちなかパーキング等を利用しましょう。
加盟店でお買い物をすると、共通駐車サービス券がもらえます。

当日の駐車を事前に確保したい方は、駐車予約システム「akippa」を利用すると良いです。

 

第114回 長野えびす講煙火大会 概要

開催日時 令和元年(2019年)11月23日
(祝日:勤労感謝の日)
18時00分~20時00分
※雨天決行
開催場所 長野県長野市
長野大橋西側・犀川第2緑地公園
花火情報 打ち上げ数 1万発以上
全国10号玉新作花火コンテスト
ミュージックスターマイン
超ワイド特大スターマインなど
アクセス 【電車】
JR長野駅より徒歩約20分
シャトルバスの利用で約10分
長野駅東口 ⇔ ビッグハット
行き 15時から臨時運行
帰り 打上終了後1時間程度
【車】
上信越道「長野IC」または
上信越道「須坂長野東IC」より
長野駅周辺へ
※車両通行止め区域あり
アクセスリンクより確認できます。
駐車場 会場周辺に駐車場無し
2019年より無料駐車場なし
長野駅周辺・中心市街地(有料)の
長野まちなかパーキング等を利用
トイレ 西ゲート付近
東ゲート付近
団体バス用駐車場
その他 写真コンテスト中止
長野ケーブルTV中継
プレミアムシート(150席先着販売)
えびすシート(2500席限定販売)

 

長野えびす講煙火大会の始まり

長野は有数の花火生産地です。
長野えびす講煙火大会(ながのえびすこうえんかたいかい)は、西宮神社の御祭礼(えびす講)の大売出しの景気づけの花火大会が始まりです。後に先進的な大会となり煙火師を厳選したことが、全国の「出世煙火」と言われるようになりました。また、全国十号玉新作花火コンテストを開催したことも合わせ、全国屈指の優れた花火が見られる大会となり、現在も人気のイベントとなっています。そして、既に100年以上の歴史がある大会となっています。

 

長野えびす講煙火大会の特徴(見どころ)

信州の澄み渡った夜空を彩る晩秋の花火大会です。
併催される全国十号玉新作花火コンテストに加え、1万発以上の打ち上げと、音楽との共演で花火が見れるミュージックスターマインが好評で、特に超大型のスターマインはおすすめです。
そして、開催が11月というのは、えびす講の時期に合わせて今も行われているためですが、
花火をよりきれいに見るにはもってこいの季節なのかもしれません。ただし服装には十分注意して楽しんで下さい。

2016年の公式プロモーションビデオを見ると全体の雰囲気が分かると思います。

 

全国十号玉新作花火コンテスト

同時開催される全国十号玉新作花火コンテストは、十号玉一発で競い合います。
十号玉とは一尺玉のことで、開き具合、形、光具合、揃った変化、色の美しさ、光の消え際などを総合的に判断し、順位が決められます。
大会の始まりにもありますように、厳選された高度な技術を持つ職人が打ち上げる新作花火となります。

 

長野えびす講煙火大会プログラム(各種日程)

長野えびす講イベント

奉納江戸里神楽(松本源之助社中)

令和元年(2019年)
11月18日(月)~20日(水)

宵えびす

11月19日(火)

本えびす(例大祭)

11月20日(水)

 

煙火大会

11月23日(土曜日、祝日、勤労感謝の日)
18時より打ち上げ開始!

 

プレミアムシート

先行抽選販売

エントリー期間

8月13日(火)10:00~20日(火)23:59

当選発表

8月22日(木)18:00以降

入金締切

8月25日(日)23:59まで

先着販売

販売開始

8月26日(月)10:00~

 

えびすシート

限定販売

9月9日(月)10:00~

 

観覧席

プレミアムシート座席表

1席20,000円
特典多数

えびすシート座席表

 

穴場スポット

(A).長野赤十字病院周辺は、ちょうど有料観覧席の後ろで花火全体が見れます。
(B).横から見る形になりますが、長野大橋と丹波島橋からも良く見えます。
(C).更北運動場は大橋を挟む犀川の反対岸ですが、ゆっくりと鑑賞はできます。

ただし、マナーを守って見ましょう

 

当日の服装

長野の11月ですので、冬と考えて良いです。2時間もじっとして見ているのですから、重ね着などして、寒さ対策を十分にして下さい。特に足元が冷えますので、防寒靴が良いです。ひざ掛けや、マフラー、帽子、手袋、カイロ、厚手のシートや毛布なども準備しておくのと良いでしょう。
また、雨天決行ですので、そちらの準備も場合によっては必要です。当然、荒天時は大会自体が中止になりますが・・・

 

その他情報

近くには100件以上の屋台が並びます。お昼ごろから20時ごろまでやっていますので、いろいろ見て回っても楽しめます。温かいおでんなども販売していますし、大会時間の寒空にはおすすめですよ。

当別観覧席付 宿泊プランなどもありますが、直ぐに完売するようです。

 

まとめ

2019年の長野えびす講煙火大会は、11月23日に開催されます。

おそらく来年も同じだと思いますが、1年で最も遅い時期の花火大会で寒いです^^

長野えびす講煙火大会は、全国的に有名なイベントですので、毎年混雑しています。

お出かけの際は、余裕をもって行動しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;