半沢直樹相関図キャスト一覧2020!続編も画像で紹介

半沢直樹キャスト

あの記録的な大ヒットとなったドラマ半沢直樹が、2020年4月に続編として公開されることが決定!

ドラマ半沢直樹続編のキャスト一覧や相関図を前作も含め画像付きでご紹介します。

原作者の池井戸潤氏の作品はどれも面白くて楽しみですよね。

なので、かなり気になってしまいます^^

ということで、早速2020年のキャストの詳細を調べ一覧や相関図に画像付きでまとめて行きます。

と、作成したら、公式発表がされましたね(笑)

前作での俳優陣が印象が強烈でしたが今回も凄い感じ。

それでは、最後までお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

2020年ドラマ「半沢直樹」続編のキャスト一覧のご紹介


ドラマ半沢直樹と言えば、2013年に大ヒットし、知らない人がいないくらいのドラマですよね。

ずっと続きはどうなるの?放送はやらないのか?という話もあり、これまでに特別編として放送がされてきましたました。

が、ついにドラマの続編として、TBS日曜劇場で放映されることになりました。

続編は、原作者である池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』をもとに制作されるようです。

既に公開記念として、『ロスジェネの逆襲』の一部が限定公開もされています。

なので、公式には未だキャストは一部しか公開されていませんが、推測も含め一覧にしていきたいと思います。

 

半沢直樹続編キャスト一覧

 

キャスト 役どころ
堺 雅人
(役:半沢直樹)
主人公で、東京セントラル証券へ営業企画部長で出向
上戸 彩
(役:半沢 花)
ヒロインの直樹の妻。非常に夫思いの専業主婦
及川光博
(役:渡真利忍)
半沢と同じ大学の同期で、東京中央銀行融資部の調査役
片岡愛之助
(役:黒崎駿一)
金融庁検査局主任検査官でオネエ言葉を使う
北大路欣也
(役:中野渡 謙)
東京中央銀行頭取で、副頭取の三笠と敵対
香川照之
(役:大和田 暁)
不正で東京中央銀行取締役に降格し、中野渡に忠誠?
古田新太
(役:三笠洋一郎)
東京中央銀行副頭取で、頭取の中野渡と敵対
岡 光秀
(役:益岡 徹)
東京セントラル証券社長
今田美桜
(役:浜村 瞳)
東京セントラル証券営業企画部プロパー社員で半沢を憧れている
滝藤賢一
(役:近藤直弼)
シンガポールに長期出張中
栗原英雄
(役:府川義則)
浜村の上司でシステム部部長
緒方直人
(役:城崎勝也)
プロジェクト担当窓口
吉沢 悠
(役:若本健人)
高坂の先輩
磯崎義和
(役:佐藤耕太)
高坂の同僚の開発部員
吹越ともみ
(役:鈴木莉乃)
高坂の同僚の開発部員
玉置玲央
(役:来栖誠也)
ワールドビッグデータ社長
北村匠海
(役:黒木亮介)
高坂の大学時代のプログラミング仲間
丸 一太
(役:苅田光一)
半沢と同じ大学の同期で、関西法務部に勤務していた
井上芳雄
(役:加納一成)
スパイラル社を辞めネット販売会社を立上げ営業部長
加藤 啓
(役:清田 正伸)
スパイラル社財務担当役員
高坂 圭
(役:吉沢 亮)
スパイラル社の若手プログラマー
尾上松也
(役:瀬名洋介)
東京スパイラルの社長
不明
(役:望月)
東京スパイラルの新任の財務担当役員
土田英生
(役:平山一正)
電脳雑伎集団の社長
南野陽子
(役:平山美幸)
電脳雑伎集団の社長夫人で、副社長
池田成志
(役:諸田祥一)
東京セントラル証券の営業企画部次長(出向組)
加賀賢人
(役:森山雅弘)
東京セントラル証券の営業企画部調査役の若手プロパー社員
角田晃広
(役:三木重行)
東京セントラル証券の営業企画部で諸田と同期(出向組)
持田将史
(役:原田浩平)
東京セントラル証券の営業企画部
粟島瑞丸
(役:尾西克彦)
東京セントラル証券の森山の一つ上のプロパー社員
市川猿之助
(役:伊佐山泰二)
東京中央銀行の証券営業部長で半沢の敵
小久保寿人
(役:野崎三雄)
東京中央銀行の証券営業部次長
信太昌之
(役:横山)
東京セントラル証券人事部(出向組)
不明
(役:毛塚)
東京セントラル証券営業部次長で三木の三つ下の上司
不明
(役:滝沢)
ベテランの女子行員
不明
(役:川北)
ベテランの女子行員の上司の次長
不明
(役:二村久志)
太洋証券の営業担当者
山本亨
(役:牧野治)
前身の旧T時代から副頭取
堀丞
(役:宮崎)
帝国航空再建チームの一員
みのすけ
(役:灰谷英介)
法人部 部長代理で紀本一派
山田純大
(役:福山啓次郎)
旧産業中央銀行出身の合理主義者
宮野真守
(役:古谷)
金融庁検査官で黒崎の部下
今井朋彦
(役:玉置 克夫)
電脳雑技集団財務担当
階戸瑠李
(役:北川)
丸岡商工のやるきのない女性社員
夏目三久
(役:キャラクター)
銀行イメージキャラクター
山崎銀之丞
(役:広重多加夫)
太洋証券の営業部長
戸次重幸
(役:郷田行成)
PC関連販売大手のフォックスの社長
浅野和之
(役:富岡義則)
検査部部長代理で東京中央銀行の生き字引
井川遥
(役:智美)
小料理屋の女将
筒井道隆
(役:乃原正太)
帝国航空再生タスクフォースのリーダーの弁護士
江口のりこ
(役:白井亜希子)
国土交通大臣
柄本明
(役:箕部啓治)
進政党重鎮議員
西田尚美
(役:谷川幸代)
開発投資銀行企業金融部第四部次長
石黒賢
(役:山久登)
帝国航空財務部長
入江甚儀
(役:田島春)
東京中央銀行営業第二部
佃典彦
(役:曾根崎雄也)
東京中央銀行審査部次長
児島一哉
(役:笠松茂樹)
白井国土交通大臣秘書
大鷹明良
(役:的場一郎)
内閣総理大臣
山西惇
(役:永田宏)
東京中央銀行出向者で帝国航空取締役
鈴木壮麻
(役:木滝英雄)
ベテラン機長
粟根まこと
(役:丸岡耕二)
丸岡商工の社長
八十田勇一
(役:永田栄一)
衆議院議員で帝国航空の永田宏の兄
木場勝己
(役:神谷巌夫)
帝国航空社長
段田安則
(役:紀本平八)
東京中央銀行常務

『ロスジェネの逆襲』と2020年1月3日に放送された『エピソードゼロ』と『ロスジェネの逆襲』を参考にすると、このようなリストになりました。

黒字が今回公開されたキャストで、薄字は原作にはあるが公表されていない役柄です。

さらに、『銀翼のイカロス』が加わるドラマとなるようなので、そうそうたる顔ぶれになりそうですね。

その4話からの出演者を塗りつぶしてあります。

 

半沢直樹シリーズの原作紹介


これまでに放送された『半沢直樹』シリーズの原作は、半沢直樹1と2の『オレたちにバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』でした。

そして、半沢イヤーとなる2020年の原作も、既にご紹介している半沢直樹3と4となる『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』にまたがります。

すでに文庫などが発売されています。

ここではネタバレはしませんので、大丈夫です^^;

でも、堺雅人さんのコメントに、気になることが・・・

それは、

今回の敵も強烈で凄い方ばかりだと聞いております。みなさんと力強い「倍返し」を作っていきたいです。
もしかすると、「倍返し」なんて全然出てこなくて、全く違うキメ台詞になっているかもしれません(笑)。
(脚本家は)二作連続で流行語を狙っているかもしれませんし!(笑)
ぜひ、新しい『半沢直樹』に、ご期待ください!

とのことなので、ストーリーは倍返しなのですが、何か違う言葉を仕込んでくるのかも^^

 

ドラマ「半沢直樹」の相関図!前作から続編まで画像で紹介


これまでのストーリーを振り返る意味で、過去の相関図もご紹介します。

前作では、半沢が不正を暴き、大出世かと思いきや、東京セントラル証券への出向を言い渡されました。

その前作の時の相関図は、こちらのアドレスとなりますね。

https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/2013/chart/0t.html#skzlksp

ご興味のあるかたは、ご確認を!

 

半沢直樹エピソードゼロの相関図を紹介


そして、半沢直樹がセントラル証券に営業企画部長として出向になった相関図は以下のアドレスになります。

https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/sp2020/chart/

ご興味のある方はどうぞご確認を!

2020年の4月から始まる半沢直樹の続編は、この相関図のストーリーから更に展開され、東京スパイラルの新任の財務担当役員の望月と電脳雑伎集団社長の平山が入ってきます。

が、今回の公表には望月が含まれていませんでしたね^^;

その辺りは、原作と異なっているのかもしれません。

 

半沢直樹2020続編の公開相関図のご紹介

2020年3月20日に公開された公式ツイッターの相関図がこちらにあります。


当然他にもキャストは多数いるはずですが、主なキャストということですね。

後半の原作『銀翼のイカロス』のストーリーの部分では、白井国土交通省大臣や帝国航空再生タスクフォースのリーダーとなるやり手の乃原弁護士との絡みが見どころですね。

そして、これって、JAL再生タスクフォースがモデルなんでしょうね^^

この時、各金融機関は9割の債権放棄を要請されましたからね~

 

まとめ


いかがでしたか?

今回は、2020年のドラマ半沢直樹続編のキャスト一覧や相関図を前作も含め画像付きでご紹介致しました。

記録的な大ヒットとなったドラマ半沢直樹が2020年4月に続編として公開されることが決定し、ついに相関図も画像付きで公開されました。

なので原作の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』をもとにしたキャスト一覧にもまとめ、ご紹介してみました。

前作から引き続き豪華俳優が勢ぞろいという感じですね。

原作者の池井戸潤氏の作品は、世の中の本質を考えさせられるところが面白いと思いますが、今度はどんなドラマとなっているのか?

ほんと楽しみ^^

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。