トロンボーンジャズおすすめ名演奏をユーチューブで紹介!トム・ガーリン

Pocket

おすすめのジャズトロンボーン奏者をYouTubeを利用し、名演奏と共にご紹介する第7弾、トム・ガーリン(Tom Garling)のご紹介です。

今回もジャズトロンボーン奏者のご紹介で、おすすめのトム・ガーリンです。

これまでと同様に名演奏がYouTubeにたくさんありますね。

昔からよく聴いた超人気のトロンボーンプレイヤーの一人ですし、有名です。

トム・ガーリンもスペシャルゲストで来ていただいたプレイヤーの一人です。

それでは、最後までお付き合いを宜しくお願いいたします。

 

ジャズトロンボーン奏者トム・ガーリン(Tom Garling)とは?


トムは、バディ・リッチ楽団でデビューしています。

20歳の時です。

その後に大学に行って、ジャズの作編曲の修士号を取っています。

凄いでよね^^

そして直ぐに、メイナード・ファーガソン・バンドで音楽監督を務めています。

作編曲家であり、名トロンボーン奏者でもあります。

また、教育者でもあり、音楽に関する仕事は、なんでもできるマルチ音楽家としてずっと活躍してきています。

 

トム・ガーリンがジャズトロンボーン奏者としてデビューしたころの名演奏をYouTubeでご紹介

それでは早速ですが、デビューしたばかりのバディ・リッチ楽団でソロを取っている演奏を聞いてみましょう。

曲は、Basically Bluse です。ビッグバンドの名曲ですね。

個人的にはかなり懐かしい曲で、おすすめ曲でもあります^^

お気づきになりましたか?

リード・トランペットを吹いているのは、エリック・ミヤシロ!

画像が悪くて分かりにくいですが・・・

まだちゃんと黒髪です^^

 

ジャズトロンボーンのソリストとして活躍のトム・ガーリンをYouTubeでご紹介

トムはソリストとして、多くの曲でソロを取っています。

そして、メイナード・ファーガソン・バンドでもソリストとして活躍しています。

それをご紹介します。

これも名曲ですね。

You Got It です。

音楽監督もして、トロンボーン奏者としてソロもとって、当時にメイナード・ファーガソン・バンドには無くてはならない存在だったのでしょうね。

 

そんな、トムをスペシャルゲストとしてお呼びして、演奏ができたんですね。

スペシャルゲストとして来て頂いたのは、2018年のゴールデンウィーク。

振り返ると、凄いことをしていると今さら気付いている(笑)

 

トム・ガーリンのジャズトロンボーン奏者としてのその他情報


実は、残念なことに、この時のライブ終了後の打上に参加できず、ちょっとためになる情報を得ていません。

どんな打ち上げだったのかなぁ^^;

殆どの海外ミュージシャンは明るく、気さくで、サービス精神が旺盛な感じですが、トムは、物静かな印象があったので、まじめな打ち上げだったかも(笑)

因みに使用している楽器は、KINGですね。

トロンボーンの代表メーカーですね。

昔からトロンボーン奏者はキングが多い気がします。

いまもそうなのかな?

ということで、ここまでの一連のプロミュージシャンの紹介は、先にトランペット奏者をご紹介し、次いで、トロンボーン奏者をご紹介してきました。

次回もトム・ガーリンと同様にトロンボーン奏者をご紹介したいと思います。

あ、そうだ、マウスピースは、デニス・ウィックの 12csを使用しているようです。

ご参考までに^^

 

まとめ

今回もYouTubeを利用し、おすすめの海外プロミュージシャンであるトム・ガーリンをジャズの名演奏とともご紹介しましたが?、いかがでしたか?

前回に引き続きジャズトローンボーンプレイヤーでしたが、次回もトロンボーンプレイヤーをご紹介したいと思います。

今回のおすすめのトム・ガーリンは昔から有名バンドで活躍をしている一流トロンボーンプレイヤーです。

これからも活躍し、名演奏をしてくれると思いますので、期待したいと思います。

それでは、次回もトロンボーン奏者をご紹介したいと思いますが、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えますが、転職することにしました。 新たなチャレンジ人生をこれから歩むことになります^^ 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラ(ビッグバンド)に所属、社会人になっても大学生時代に知り合った知人とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理者として心の健康管理にも接していたのですが、自分のケアができませんでした(笑) サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;