Tom Garling!ジャズトロンボーン名曲やランキング曲もYouTubeで紹介

Pocket

ジャズの名曲やランキング曲以外の知られていない曲もYouTubeを利用しミュージシャンと共にご紹介する第7弾、Tom Garlingです。
今回もジャズトロンボーン奏者で、Tom Garlingをご紹介します。
同じく名曲やランキング曲の演奏がYouTubeにたくさんあり、昔からよく聴いた超人気のトロンボーンプレイヤーの一人です。
Tom もゲストで来ていただいたプレイヤーの一人です。

 

Tom Garling(Jazz Trombone)の名曲などYoutubeで紹介

スペシャルゲストとして来て頂いたのは、2018年のゴールデンウィーク。

トムは、バディ・リッチ楽団でデビュー!

20歳の時です。

その後に大学に行って、ジャズの作編曲の修士号を取っています。

凄いでよね^^

そして直ぐに、メイナード・ファーガソン・バンドで音楽監督を務めています。

作編曲家であり、名トロンボーン奏者でもあります。

また、教育者でもあり、音楽に関する仕事は、なんでもできるマルチ音楽家としてずっと活躍してきています。

では、デビューしたばかりのバディ・リッチ楽団でソロを取っている演奏を聞いてみましょう。

曲は、Basically Bluse です。ビッグバンドの名曲でランキング曲ですね(個人的にはかなり懐かしい曲です^^)

お気づきになりましたか?

リード・トランペットを吹いているのは、エリック・ミヤシロ!

画像が悪くて分かりにくいですが・・・

まだちゃんと黒髪です^^

トムはソリストとして、多くの曲でソロを取っています。

そして、メイナード・ファーガソン・バンドでもソリストとして活躍しています。

これもランキング曲の名曲、You Got It です。

音楽監督もして、トロンボーン奏者としてソロもとって、当時にメイナード・ファーガソン・バンドには無くてはならない存在だったのでしょうね。

そんな、トムをスペシャルゲストとしてお呼びして、演奏ができたんですね。

振り返ると、凄いことをしていると今さら気付いている(笑)

 

その他、Tom Garling の情報

実は、残念なことに、この時のライブ終了後の打上に参加できず、ちょっとためになる情報を得ていません。

どんな打ち上げだったのかなぁ^^;

殆どの海外ミュージシャンは明るく、気さくで、サービス精神が旺盛な感じですが、トムは、物静かな印象があったので、まじめな打ち上げだったかも(笑)

因みに使用している楽器は、KINGですね。

トロンボーンの代表メーカーですね。

昔からトロンボーン奏者はキングが多い気がします。

いまもそうなのかな?

ここまでの一連のプロミュージシャンの紹介は、先にトランペット奏者をご紹介し、次いで、トロンボーン奏者をご紹介しています。

なので、次回もトロンボーン奏者をご紹介したいと思います。

あ、そうだ、マウスピースは、デニス・ウィックの 12csを使用しているようです。

ご参考までに^^

 

まとめ

今回もYouTubeを利用し、海外プロミュージシャンの Tom Garling をジャズの名曲やランキング曲とともご紹介しました。

前回に引き続きジャズトローンボーンプレイヤーのご紹介としました。

Tom Garling は昔から有名バンドで活躍をしている一流トロンボーンプレイヤーです。

これからも活躍し、名曲やランキング曲を演奏してくれると思いますので、期待したいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

かれっと

普通のサラリーマンで、あと数年で定年を迎えるおじさんです。 中学生のころから吹奏楽でトラペットを吹き始め、大学ではジャズオーケストラに所属、社会人になっても大学生時代に知り合った仲間とバンド活動を続け、官庁から表彰されたことがあります。今後も皆さんに喜ばれる活動を続けていきたいと思います。 仕事では、衛生管理も任されているので心のケアにも接しています。 サラリーマンは、みんな辛い思いをしているんです^^;